ロシアのフリゲート艦と潜水艦が、シリアのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を標的として発射した巡航ミサイルを捉えたとされる映像の一場面(撮影日不明)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ロシア政府は31日、シリアの遺跡都市パルミラ(Palmyra)周辺のイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」を標的に、同国のフリゲート艦と潜水艦が地中海(Mediterranean)から巡航ミサイルを発射したと発表した。ロシアが同様の攻撃を行ったと発表したのは数か月ぶり。

 ロシア軍が発表した声明によると、フリゲート艦「アドミラル・エッセン(Admiral Essen)」と潜水艦「クラスノダール(Krasnodar)」が、ISが首都と位置付けるラッカ(Raqa)を離れていくISの戦闘員や兵器を狙い、巡航ミサイル4発を発射したという。

 ロシア軍は声明において「標的全てに命中した」と主張しているものの、攻撃が行われた具体的な日時は明らかにしていない。

 また、ロシア政府は巡航ミサイル発射について米国、トルコ、イスラエルの軍当局に対し、「既存の連絡手段を通じ、適切なタイミングで発射について通知した」という。
【翻訳編集】AFPBB News