億万長者を夢見る従兄弟役で共演 Photo by Jamie McCarthy/WireImage、
Photo by Taylor Hill/FilmMagic

写真拡大

 若手演技派として知られるジェシー・アイゼンバーグとアレクサンダー・スカルスガルドが、新作映画「ザ・ハミングバード・プロジェクト(原題)」で共演すると、米Deadlineが報じた。

 ミリ秒単位のあいだにコンピューターで自動的な株の大量売買を行う高頻度取引(High Frequency Trading)の世界を舞台に、光ファイバー事業での成功を夢見る肉体派のビンセントと頭脳派のアントンという2人の従兄弟の活躍を描くストーリー。脚本・監督はアカデミー賞外国語賞にノミネートされた「魔女と呼ばれた少女」のベトナム系カナダ人キム・グエンで、今年10月にカナダのモントリオールでクランクインを予定している。

 アイゼンバーグは、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」や「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」といった大作から、ウッディ・アレン監督の「カフェ・ソサエティ」まで幅広いジャンルで活躍。一方のスカルスガルドも、アクション大作「ターザン:REBORN」で主演を務め、米HBOの新テレビシリーズ「ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂鬱〜」が話題を呼んだ。