2007年にデビューし、"ミスター・シルキー・ヴォイス"、"新世代のフランク・シナトラ"などの呼び声も高いオランダ出身のシンガー・ソングライター、ウーター・ヘメルが5月30日ビルボードライブ大阪にて公演を行った。

ウーター・ヘメル 来日公演写真(全9枚)

 ビルボードライブ公演は2015年以来の2年ぶりのビルボードライブ登場となるウーターへメル。今回は通算5作目となる最新アルバム『アモリー』を携えてのツアーとなり、ママズ・ガンのアンディ・プラッツが共同プロデュースする他、日本盤ボーナスとしてLUCKY TAPESとのコラボレーション曲も収録するなど、日本ともゆかりの深い彼の2年ぶりの期待に満ちあふれたオーディエンスの熱気が高まっていた。いつもの御馴染みのバンドメンバーがステージに上がり演奏が始まると、ステージに白いTシャツとインディゴブルーのパンツというシンプルな衣装の彼が現れる。オーディエンスが暖かい拍手で迎えるとライブはスタートした。

 序盤からバンド編成主体で制作されたという最新作『アモリー』からの楽曲が中心に、素敵な照明の効果も相まって思わず笑顔になるようなキャッチー&グルーヴィーな楽曲を立て続けに披露すると、会場も呼応するようにハンズクラップや身体を揺らして応える。シルキーボイスの貴公子も嬉しそうに、ギターを奏でたり踊ったりしながら、いい意味で肩の力が抜けたハッピーなステージングを披露する。今作品は彼の1stアルバムに原点回帰したとも言われているように、より軽やかでポピュラリティ溢れる楽曲が多く、ステージングも思わずニッコリしてしまうような施策も組み込まれていた。

 中盤では、その遊び心溢れるステージングを象徴する様にキーボードのティエリーが事前に仕込んでいた"ソレ"を披露すると会場は歓声と笑いに包まれた。明日行われる東京のステージでは何が披露されるのかと思うとニヤニヤが止まらない。終わってみれば新旧の曲を織り交ぜた、ハッピーでポップでグルーヴィ、そしてかっこいいステージだった。

 東京公演は明日6月1日に行われる、原点回帰し、更に進化したミスター・シルキー・ヴォイス"の彼のステージは必見だ。

Photo:Kenju Uyama

◎公演情報
【ウーター・ヘメル Billboard Live Japan Tour 2017】

ビルボードライブ大阪:2017年5月30日(火) ※終了
1stステージ開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ開場20:30 開演21:30
>>公演詳細はこちら

ビルボードライブ東京:2017年6月1日(木)
1stステージ開場17:30 開演19:00 / 2ndステージ開場20:45 開演21:30
>>公演詳細はこちら

INFO: www.billboard-live.com