齊藤工、長編監督デビュー作『blank13』公開へ 高橋一生、リリー・フランキーらが出演

写真拡大

 齊藤工が長編映画初監督を務めた高橋一生主演『blank13』が、2018年2月3日よりシネマート新宿にて限定公開されることが決定した。

(参考: 齊藤工、高橋一生のコメントはこちら

 俳優の斎藤工が「齊藤工」名義で長編監督デビューを果たし、放送作家のはしもとこうじの実話を基にした本作は、13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まるある家族を題材にした物語を描く。主人公・松田コウジ役を高橋一生が、その彼女役に松岡茉優、失踪した父親役にリリー・フランキー、母親役を神野三鈴が務める。また、監督の齊藤自身も主人公の兄・松田ヨシユキ役で出演する。

 本作は、本年度のゆうばり国際ファンタスティック映画祭にてゆうばりファンタランド大賞「作品賞」を受賞。音楽監督は俳優・ミュージシャンとして活動する金子ノブアキ、スチール撮影はレスリー・キーが務めている。

(リアルサウンド編集部)