足裏で行うマッサージ「フーレセラピー」とは?

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

サイトで、色々なマッサージサロンを取材する中で、マッサージにもたくさんの技術があることを知りました。今回は「fossette」の市川さちえ先生に取材して、印象的だった「フーレセラピー」という技術について紹介させていただきます。

フーレセラピーとは、寝そべったお客様に、セラピストさんが足裏で行うマッサージです。

最初に施術の写真をみた時は、お客様が踏まれているように見えて驚きました(そう見えただけで、実際に踏まれているわけではありませんよ)。

フーレセラピーは、(お客様の)マッサージする場所に合わせて、足裏の色々な部分を使います。例えば、側面は、「面」で流すようにマッサージする時に適しています。指は、ツボを押したりする時に使います。ひと言で「足裏でマッサージを行う」といっても、たくさんの技術があるのです。

筋肉をしっかりほぐすことができるので、身体が疲れ切っている時は、特におすすめです。ちなみに、顔にも施すことができ、小顔やリフトアップ効果を期待できます。

フーレセラピーは、手でマッサージするのとはまた違う不思議な感覚があります。市川先生のサロンのお客様には、施術中に「いま、足裏でマッサージしているのですか?」と聞く方もいらっしゃるそうです。

フーレセラピーは、資格の必要なマッサージ。興味のある方は、プロによる足裏の不思議な感覚を体験されてみてはいかがでしょうか?

『キレイの先生』の市川さちえ先生の記事はこちらから

http://kireinosensei.com/1400096/