うらやましいっ……! 医者に選ばれる女性の特徴・3つ

写真拡大

結婚相手として高い人気を誇る医師ですが、どうしたら医師と結婚できるのでしょうか。この記事では、医師と結婚するメリットや医師と結婚するときに覚悟すべきこと、医師が選ぶ結婚相手の特徴、医師と結婚する方法について、恋愛・結婚のプロフェッショナルである、結婚相談所業界最大手「楽天オーネット」の婚活アドバイザー・熊谷典子さんに解説してもらいました。

■医師と結婚するメリット

まずは、医師と結婚するメリットについて、くわしく解説します。

◇経済的に安定している

医師=高収入という場合が多く、経済的にゆとりのある、安定した生活を得られる可能性が高いというのもメリットのひとつ。勤務形態によって年収は変わってきますが、経済的に安定した生活を送れます。

◇健康面を万全なサポートしてもらえる

職業柄、専門科目は当然のこと、万が一病気になったとしても、学会や知り合いを通じて、的確な処置が受けられる可能性が高いです。日々のちょっとした健康の不安を相談できるのがうれしいですね。

◇尊敬できる

「医師」という職業は、厳しい競争を勝ち抜いてこそなれる職業です。また、患者を救うという使命のもと、日々業務にあたっており、生半可な気持ちで続けられる職業ではありません。そのため、相手に対していつまでも尊敬の気持ちを抱き続けられるのではないでしょうか。

◇まわりに自慢できる

一般的に医師は、ハイスペックという概念が浸透しています。そのため、「医師と結婚します!」と聞いただけで、親族や友人から、羨ましがられることまちがいなし!

■医師と結婚するために覚悟すべきこと

医師と結婚するメリットを知って、ますます医師と結婚したいと考える女性が増えたのではないでしょうか? しかし、魅力が多い分、覚悟すべきことも。ここでは、医師と結婚するために覚悟すべきことをご紹介します。

◇人間関係におけるストレス

すべての医師に当てはまるわけではないですが、相手の両親が開業医であったり、大学病院の教授であったりという場合が多く想定されます。このような環境の中で、力強く、かつ清楚に立ち振舞うには、それ相応の覚悟が必要です。場合によってはストレスになってしまうこと。

◇金銭的な制約

「経済的に余裕がある=自由に使えるお金が多い」ということではありません。将来に備えて貯金なども必要になります。そんな状況下で、「思っていたより自由にお金を使えない」という状況が起こりうることも覚悟しておきましょう。

◇不規則な生活

担当科目にもよりますが、医師は人命第一の職業です。そのため、不規則な生活になってしまいがち。なので、妻は夫の不規則な生活をしっかりとサポートしつつ、家庭を守ったり、子育てをしたりしなければなりません。ある意味、強い精神力と体力が必要とされます。

◇不平不満の我慢

人の健康や生命にかかわる仕事をしているので、職業とはいえ、精神的な負担は大きくなるものです。家に帰ってまで、妻からの不平不満をぶつけられたら、いやになるのは当たり前。よほどのことがない限り、大きな心で相手に接する覚悟が必要です。

■医師が選ぶ結婚相手って?

医師と結婚するためには、さまざまな覚悟が必要です。しかし、それでも結婚したいと考える女性たちは、まず、医師に選ばれる女性になれるよう努力しましょう。ここでは、医師が選ぶ結婚相手の条件について解説します。

◇知的

自分の子どもが自分と同じ道を歩むことを想定して、小さいころから教育に力を入れる人が多いのも医師の特徴のひとつ。なので、ある程度の学歴や家柄のある女性が選ばれる傾向があります。

◇清楚

医師といえば、学会やパーティなどで妻と同伴する機会が多くあります。そんなとき、派手すぎたり、逆に地味すぎる女性を同伴するのは考えもの。付き合う前の段階から、「清楚でどこへ出しても恥ずかしくない女性」という観点で、相手を選ぶ医師も少なくありません。

◇同業者

医師に限らず、自分のことをよく理解してくれるという点で、同じ職業の相手は、優先順位の高い選択肢であることはまちがいありません。ただ、あくまで選択肢のひとつであって、“どうしても”という条件ではないようです。また、医師という肩書きを目当てに近づいてくる女性は、当然のことながら敬遠されます。

■医師と結婚するために必要なこと

最後に、医師と結婚するために必要なことをご紹介します。

◇出会える環境をつくる

いくらすてきなあなたでも、相手と出会える環境にいなければ何もはじまりません。今の生活範囲の中で、医師と出会える場をリサーチする努力は最低限必要です。もし出会うのが難しい場合は、医師限定の婚活パーティや結婚相談所に足を運ぶのもひとつの手かもしれません。

◇外見を磨く

「私なんて美人じゃないし……」と諦めないでください。いわゆる「美人」ばかりが選ばれるわけではありません。大切なのは、キレイでいようとする姿勢です。外見を磨くことは、自分に自信を持つために一番手っ取り早い方法なので、常に美意識を高く持ちましょう。社会的に地位の高い男性は、卑屈な女性を選びません。自分に自信を持っている女性を好きになります。外見を磨くことで、「私が相手を選ぶんだ!」くらいの気持ちを持ちましょう。

◇内面を磨く

外見はもちろんですが、内面を磨くことも忘れないでください。読者や旅行、資格取得など、自分自身の価値を高めましょう。相手から与えられることばかりを考えるのではなく、与えることのできる女性を目指すことが大切です。医師に限らず、男性に結婚相手として選ばれるのは、常に自分磨きを意識して、それを実践している女性です。

■まとめ

結婚相手として魅力的な医師ですが、一方で、不規則な生活を支えたり、不平不満を言わないように気をつけるなど、大変な一面も。生半可な気持ちでは、医師の妻は務まらないようです。それでも医師と結婚したい人は、そこを覚悟した上で、医師に選ばれる女性になれるように外見・内面磨きに力を入れましょう。

(監修:熊谷典子)

※画像はイメージです