ZABOON AW-10SV6

写真拡大

 東芝ライフスタイルは5月30日、業界初の人間の目に見えない1μm(マイクロメートル)未満の超微細な「ウルトラファインバブル洗浄」機能を搭載した縦型洗濯乾燥機「ZABOON(ザブーン) AW-10SV6/AW-9SV6」を7月上旬に発売すると発表した。

 ウルトラファインバブルは直径1μm未満のナノサイズの微細な泡で、水中で浮力の影響を受けずに泡の状態で長く滞留する特徴がある。このナノサイズのバブルが、洗剤の洗浄成分である界面活性剤の「運び役」となり、衣類の繊維の奥深くまで入り込むことで洗浄力が高まる仕組みだ。

 通常はまとまっている洗浄成分の界面活性剤は、ウルトラファインバブルによってばらばらになり、微細なバブルの周囲に吸着しながら衣類の繊維に入って汚れを落とす。また、普段からウルトラファインバブルで洗濯し続けることで、皮脂汚れの蓄積と黄ばみが抑えられるので、水道水で洗濯した場合と比較して、1年後の衣類の白さが違うとする。

 デモでは、ウルトラファインバブル水と水道水に液体洗剤を入れて、水あめや皮脂汚れの取れ具合を比較した。いずれも、ウルトラファインバブル水の方が汚れ落ちの高いことが確認できた。

 デバイスであるウルトラファインバブル生成器は、濃縮洗剤ケースの背面に取り付けられており、水道の水圧と外部から取り入れた空気を混ぜて細い管を通すことで、ウルトラファインバブルを生成する。

 「AW-10SV6」は洗濯容量10kg、乾燥容量5kgで、カラーはグレインブラウン、グランホワイトの2色。洗濯容量9kg、乾燥容量5kgの「AW-9SV6」はグランホワイトのみ。乾燥機能がない全自動洗濯機「AW-10SD6/AW-9SD6」も8月下旬に発売する。「AW-10SD6」は洗濯容量10kgでグレインブラウン、グランホワイトの2色、「AW-10SD6」は洗濯容量9kgでグランホワイトのみ。

 価格はすべてオープン。税別の実勢価格は「AW-10SV6」が20万円前後、「AW-9SV6」は19万円前後、「AW-10SD6」は14万円前後、「AW-9SD6」は13万円前後の見込み。(BCN・細田 立圭志)