シン・ウンギョン、元所属事務所との数億ウォンを巡る紛争が合意に

写真拡大

女優シン・ウンギョンと元所属事務所の代表K氏の精算を巡る紛争が合意に至り、ついにピリオドを打った。

昨日(30日)、水原(スウォン) 地方裁判所によると、元所属事務所の代表は最近、シン・ウンギョンを相手取って申し立てた精算金の返還を求める訴訟を取り下げた。

これに先立って2015年11月、K氏はシン・ウンギョンが所属事務所から借りた債務2億4000万ウォン(約2300万円) の精算金の返還を求める民事訴訟を申し立てた。続いて名誉毀損で刑事訴訟も追加で行った。これに対してシン・ウンギョンもK氏を相手取って名誉毀損の疑いで告訴した。

以後、法的攻防が続いたが、最近合意に至って訴訟は終結した。