資料写真=読者提供

写真拡大

(台北 31日 中央社)台北市内の逸仙小学校前に設置されており、元台北市議の男らによって28日に破壊されたこま犬の石像が30日、再び何者かによって壊されているのが発見された。台北市政府警察局北投分局は、逃走車のナンバーを既に特定しており、捜査を進めている。

北投分局によると30日深夜、通報を受けた警察官が現場に駆けつけたが、犯人は既に逃走。監視カメラの映像を調べたところ、車に乗った男2人組が現場に現れ、1人が車から降りると、棒状のものを石像に向かって振り下ろしているのが確認されたという。

このこま犬の石像は既に一度破壊されており、先月中旬に南部・台南市で起きた八田与一像破壊事件の容疑者である元台北市議らが器物損壊の疑いで逮捕されている。

(劉建邦/編集:楊千慧)