B1A4 ジニョン「アイドルドラマ工作団」タイトル曲の作曲を担当…ダンストレーラー公開(動画あり)

写真拡大

KBS新概念Webバラエティ「アイドルドラマ工作団」メンバーのドラマ中のタイトル曲が音源で発売される。

30日、「アイドルドラマ工作団」側は、NAVER TV、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて、「アイドルドラマ工作団」のガールズグループ“隣の家の少女”のタイトル曲のダンスバージョンのトレーラー映像を公開した。

映像には、タイトル曲の伴奏に合わせて練習室でダンスを踊っている7人の少女の姿が収められている。練習だが、メンバーたちは実際のステージを彷彿させるキレのあるダンスを披露しており、見る人々を感嘆させた。

「アイドルドラマ工作団」の7人のメンバーは、自分たちで直接作成したシナリオで誕生したドラマ「花道だけ歩こう」で、7人組ガールズグループ“隣の家の少女”として登場する。

“隣の家の少女”のタイトル曲は、グループB1A4のジニョンが作曲した歌で、「同じ場所で」「桜の花が散れば」などの清純な雰囲気の曲とは異なり、パワフルでガールクラッシュ(女性が女性に憧れる事) なスタイルが印象的だ。

「アイドルドラマ工作団」の制作陣は、「6月中にジニョンが作曲した“隣の家の少女”のタイトル曲の音源が各種オンライン音源サイトを通じて公開される予定だ。メンバーたちのガールクラッシュな魅力が際立つタイトル曲に、乞うご期待」と伝えた。

29日に公開された「アイドルドラマ工作団」は、Red Velvetのスルギをはじめ、I.O.I出身のチョン・ソミ、MAMAMOOのムンビョル、C.I.V.Aのキム・ソヒ、OH MY GIRLのユア、LOVELYZのスジョン、SONAMOOのディエナで構成されたガールズグループのメンバー7人が、ドラマの台本を書いて演じる韓国初のドラマミッションバラエティー番組だ。メンバーたちが直接書いた台本通りのドラマ「花道だけ歩こう」が制作される予定で、女優イム・ウォニ、チャン・ウォニョン、シン・ヒョンジュン、チョン・ソミン、クォン・オジュン、Dynamic Duo、キム・チョンハ、キム・ジョンミン、B1A4のジニョン、元Wonder Girlsのヘリムなどがカメオで大勢登場する予定である。

6月10日にKBS NとKBS Worldチャンネルでもオンエアされる。