31日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の多くの家庭が女の子を望む理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年5月31日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の多くの家庭が女の子を望む理由について分析する記事を掲載した。

記事は、カメラマンの青山裕企氏の作品「ソラリーマン」を紹介し、日本の多くのお父さんにとって娘の存在は仕事を頑張る大きな理由になっていると伝えた。

また、中国と違って日本は男女比で女性の方が345万2000人多く、そのほかの調査結果を見ても、日本では女の子を望む家庭が多いことは明らかだと指摘した。その理由として、日本では「男が家系を継ぐことにこだわらない」ことにあると分析。日本では家系が抽象的な概念で、血縁関係が重要というわけではなく、養子縁組によって家系を継ぐことも珍しくないと紹介した。

さらに、「娘の笑顔は家族全体を癒す」ことも大きな理由であると指摘。母親にとって娘は良き理解者であり、仕事で忙しい父親にとって娘の笑顔は何よりも力になり、日本のサラリーマンに良き思い出を作るのだという。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国では、しゅうとが口では男でも女でもどちらが生まれてもいいというが、心の中では男の子を望んでいる」「初めて日本の方がいいと思った。中国では女の子を産むと家に迎えてもらえず、しゅうとに捨てられる可能性が十分にある」など、中国の現状を指摘するコメントが寄せられた。

また、「日本の女性は結婚すると専業主婦になるが、中国の女性は結婚しても働き家事もする。この地位の差は比較しようがない」「日本に行くと、いわゆる男尊女卑といわれる国において、女性がいかに尊重されているかがよく分かる」とのコメントもあり、中国の方が男尊女卑の傾向が強いようであることがうかがえる。(翻訳・編集/山中)