球団経営とビジネス戦略

写真拡大

プロ野球の球団にはそれぞれの個性があります。それは選手や監督のキャラクターだけでなく、球団経営にもあらわれています。それぞれの会社に社風が、あるいは学校に校風があるように、球団経営もそれぞれの個性があるのです。

球団経営はどういうもの?

そんな球団経営に着目した本が伊藤歩による「ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる」 (星海社新書)です。本書の良いところは、タイトルにすべてが集約されている点でしょう。新書メディアは、気軽に手に取ることができるのはもちろん、わかりやすさも求められています。本書はその点においては第一段階をクリアしているといえるでしょう。

異色の本

本書の著者は、現役の金融ジャーナリストです。著者が全球団への質問錠送付、あるいは本拠地においてファン(顧客)の満足度調査を実施しています。プロ野球の経営に関するデータが網羅的に記されていますので、プロ野球ファンはもちろんのこと、経営におけるお金の回し方などに興味がある人にとってもうってつけの本だと言えるでしょう。とっつきにくい経営という主題も、誰もが知るプロ野球を題材にすれば、ぐっとわかりやすくなるのです。