中村は好調の要因に「共通理解」を挙げた。写真:徳原隆元

写真拡大 (全2枚)

 川崎フロンタ-レが強い。
 ACL決勝ト-ナメント1回戦でムアントン・ユナイテッドを2戦合計7-2と一蹴し、ベスト8進出。これで5月は公式戦6連勝(リ-グ戦3勝)と波に乗っている。4月はリ-グ戦が1勝3分1敗でACLは1勝1分と悪くはないが、勝ちきれない試合があった。だが、5月は毎試合複数得点を取り、相手を圧倒して勝っている。
 
 チ-ムの完成度が高くなりつつある証拠だが、その要因のひとつとして中村憲剛は「共通理解」を挙げた。
 
「試合をやる前にしっかり準備すること、そして試合で自分たちがすることが整理されている。それでも負けることがあるけど、そうしたことをやれば勝ちが近付くというのが共通理解としてあるんです」
 
 ムアントン・U戦を例にすると前半はボ-ルをしっかり保持し、相手を走らせるプランを全員が理解し、その通りプレ-していた結果、相手の隙を突いて3点を奪い、勝負を決めた。さらにボ-ルを失った際の切り替えを早くする、球際に強くいくという基本コンセプトを守ってプレ-している。自由奔放に見える川崎のサッカ-だが、ベ-スがきちんと確立され、浸透している。
 
「基本コンセプトが浸透して、こう戦うぞという共通理解をして勝っていくと、こうやって勝っていくんだなというのがみんな分かってくる。それが大きい。そうして自分の立場でどうすればチ-ムに貢献できるかを理解できるようになってきた」
 
 川崎は攻撃のユニットは、ムアントン・U戦のように最終ラインの組合せを変えるなどメンバ-を入れ替えて戦うことが多い。新監督の下では戦術の浸透を早めるためにスタメンをある程度固定して戦う傾向にあるが、鬼木達監督はそこに固執しない。
 
 ただ、よくメンバ-を見ると核となる選手が必ず出ている。それは中村だったり、小林ら数名の主力だ。鬼木監督は主軸の彼らがブレない限り、チ-ムが違う方向にいくことはないと考えている。そして、彼らがピッチ内で新しい選手や若い選手と一緒にプレ-することで自分のコンセプトを早く浸透させた。その結果、想像以上に早く移籍組の阿部浩之などがフィットし、好結果に結びついている。
「最近は同じ絵を描けている。今日の竜也(長谷川)のゴ-ルも田坂(祐介)が悠(小林)に出すと思ったから俺はスル-した。1点目の悠のゴ-ルも個人技っぽいけど、そこに至るまでの左サイドの作りとか、阿部ちゃん含めてやっている。そういうのを積み重ねることで良いイメ-ジでプレ-できるようになるし、こうやって点を取るんだなっていうのをアキ(家長昭博)、阿部ちゃん、竜也が感じながらやれればもっと点を重ねていける。イメ-ジを共有して全員がゴ-ルを狙っていくのは、相手にはすごい恐いことなんで」
 
 家長や若手がさらにフィットしてくると、2016年版の川崎を越えるチ-ムになるかもしれないという期待が膨らむ。
 
 その一方で調子がいい時、勝っている時に潜む危険もある。厳しいことを言えばムアントン・Uとの第2レグでの1失点はいらなかったし、勝負がついた後の後半の試合展開は相手にボ-ルをもたれる時間も多かった。大勝し、内容について問われるのはチ-ムの成長の証でもあるが、そこをうやむやにしては強くなれない。
 
「1失点については、みんな、やられてはいけないという話をしていたし、奈良ちゃんはすごく悔しそうだった。ただ、ACLも粘り強く戦えた結果、ベスト8にいけたし、自分たちのサッカ-を貫けばもっと上にいける自信がある。もちろん、まだ詰めないといけない部分もあるんで、そういう意味でもまだ伸び代はあるなと。これからもボ-ルを握るという軸をブレないようにやっていくことが大事。相手に握られても球際で戦うとか、守って勝ちを拾うこともあると思うけど、ブレないで戦ってなんにしても勝つこと。それを昨年痛いほど経験したんでね」
 
 川崎は今、右肩上がりの成長期にある。さらに90分間、緩さを排除し、隙を見せず、相手を完膚なきまで叩き潰すというメンタルがチームに宿れば「強い川崎」が「恐い川崎」になっていくはずだ。
 
取材・文:佐藤俊(スポーツライター)