画像提供:マイナビニュース

写真拡大

オリンパスは31日、ビジネスや語学学習に役立つ機能を備えたICレコーダー「Voice-Trek V-863」と「Voice-Trek V-862」を発表した。ともに6月16日より発売する。価格はオープン。

○Voice-Trek V-863

「Voice-Trek V-863」は、ビジネスや語学学習に役立つ機能を備えたICレコーダー。ピアノブラックとシャンパンゴールドの2色を用意する。

2つの指向性マイクを90度の角度で配置した「トゥルーステレオマイク」を搭載しており、話者のポジションや距離感などが感じられる高音質録音が可能となっている。加えて、録音する場所の広さや音源までの距離に合わせ、録音レベルを自動調整する「ボイスチェイサー」機能も搭載する。

音声再生と無音再生を繰りかえす「シャドーイング」には、「ゆっくり」再生モードを追加。これにより、リスニングと発声の両方で効果的な練習が行える。

PCから転送した音楽データや、語学学習データの一括管理が行える「ミュージックフォルダー」や、ポッドキャスト配信されたファイルを保管できる「ポッドキャストフォルダー」も利用可能。どちらも最大400個までフォルダー分けできる。

内蔵メモリは8GBで、録音形式はMP3。最長録音時間は約2,080時間(MP3 8Kbps)。電源には単4形乾電池×2本を使用。電池持続時間は約110時間。実用最大出力250mWの直径20mm丸形ダイナミックスピーカーを内蔵する。本体サイズはW39×D18×H111.5mm、重量は77g(電池含む)。

○Voice-Trek V-862

Voice-Trek V-862は、内蔵メモリが4GBのモデル。シルバーとホワイトの2色を用意する。基本仕様はほぼ共通で、内蔵メモリが少ない分、最長録音時間が約1,040時間(MP3 8Kbps)と短くなっている。