軽い気持ちで交際スタート、そして破局…。「それでも好きな彼」との距離の縮め方

写真拡大



こんにちは。ライターの和です。ガールズレスキューからこちらの質問に答えさせていただきます。

「職場に4つ上の好きな人(同僚)がいます。いつも他愛のない話や、共通の趣味であるバドミントンサークルに混じって遊んだりしています。以前、彼に『付き合ってみません?』とノリで言ってみました。一応彼とは付き合えたものの、1週間で『好きになることができなかった』と振られてしました。その後、彼とは友達みたいな関係が続いています。彼と話していると楽しいですし、私にすごく優しくしてくれます。私はまだ彼のことが好きなのですが、この恋はもう諦めた方がいいと思いますか?」

「仲の良い男友達に告白するのが恥ずかしくて、ついノリで告白してしまい後悔している…」なんて人もいるのではないでしょうか?とはいっても、彼に嫌われているわけじゃないですから、無理に諦める必要はないでしょう。そこで今回は「1度振られた彼との正しい距離の縮め方」についてご紹介します。

■・友達関係を継続してみよう

「女友達に告白されたので断ったら、次の日からめっちゃLINEが来るようになった。これじゃ前みたいに友達でいるのもムリだなと思って、こっちから距離を置いちゃいました」(23歳/男性/営業)

彼が告白を白紙に戻していることからも、いまは友達でいることを望んでいるのでしょう。このままグイグイアプローチをしてしまうと、彼に嫌がられてしまう恐れが…。もし彼から避けられてしまっては、恋人になるどころか会話すらもできなくなってしまいます。焦る気持ちもわかりますが、とりあえずこのまま友達関係をキープしておくべきでしょう。

■・彼の好みを徹底的にリサーチ→実行!

「男友達からフラれたときは、彼の好みを調べて真似ていましたね。元カノのことも知っていたので、性格も寄せてみたりしていました。その甲斐あってか、彼から告白されて付き合うことができましたよ」(25歳/女性/受付)

彼の「好きになることができなかった」原因を探って、遠回しにアピールをしていきましょう。たとえば「友達としか思えない」というのであれば、ちょっとあざといかもしれないですが、「重い荷物が持てない」などかよわい一面をアピールしてみたり…。

もし彼に好きな芸能人や理想の女性像があるのなら、それらを参考にするのも良いでしょう。「なんかかわいくなった?」と思ってもらえるのと同時に、「もしかしたら俺の好みに合わせているのかな?」と意識させることができるはずですよ。

■・次に告白するときは本気で!

「好きな人にノリで告白をしたら、適当に流された…。なので勇気を出してもう一度告白したら、『あれ本気だったんだ…。ちょっと考えるから時間ちょうだい』と彼に言ってもらえました」(25歳/女性/販売)

ノリで「付き合ってみません?」と言ってしまえば、彼も「この子は本気で俺のことが好きじゃないんだな」と勘違いしてしまいます。きっとこの彼も相談者様の想いを「その程度」と認識してしまったのでしょう。最悪の場合、「ただ寂しいから男が欲しいのかな」「誰にでも『付き合って』って言いまくっているのかな」と“軽い女”認定されてしまう恐れも…。

たしかにその場の勢いで想いを伝えることもあるでしょうが、それは「ノリ」とはまた別物ですよね。そもそも告白に「ノリ」は必要ありません。もしまた彼に告白できそうなタイミングが来たら、次こそは真剣に想いを伝えるようにしましょう。そのほうが誠意が伝わって、彼もあなたの想いにきちんと向き合ってくれるはずですよ。

■おわりに

彼とは1週間しか付き合っていないのですから、これから友達関係を続けていく中で好きになってもらえる可能性は十分にあると思います。だからこそここで諦めるのはもったいない!もう一度告白できる時期を見はからって、いまは友達以上恋人未満の関係を楽しみつつ、女性らしさをアピールしてみてはいかがでしょうか。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)