競技人口が増えているボルダリング。米国で「うつ病」の改善に効果があるとされる研究結果が発表された

写真拡大

2020年の東京五輪で追加競技となる「スポーツクライミング」の種目の一つ、ホールドと呼ばれる突起物に手足でつかまり壁をよじ登る「ボルダリング」が、うつ病の改善に効果があると示唆する研究結果がこのほど米国の学会で発表され注目を集めている。

これまでにも有酸素運動などがうつ病に有効とする説も発表されてきたが、ボルダリングでは競技に必要とされる集中力が病気への抵抗を生むらしい。

「重度レベル」から「軽度レベル」

研究結果を発表したのはアリゾナ大学ツーソン校で心理学の博士課程に在籍する研究者、エバマリア・ステルツァーさんと、独エアランゲン?ニュルンベルク大学の研究者、カタリーナ・ロッテンバーガーさん。ロッテンバーガーさんは数年前に同じ内容の研究結果を発表しており、ドイツにはボルダリングを治療に採り入れている病院もあるという。

今回の発表の場は2017年5月25日〜28日にボストンで開かれた米科学的心理学会の年次総会。米国では1500万人以上の成人がうつ病に悩まされているとも言われるだけに注目を集めた。

研究はドイツでうつ患者100人以上を対象に行われた。これらの人たちを無作為に2グループに分け、一つのグループでは会場にくるとすぐにボルダリングをスタートさせ、もう一方のグループでは始めるまでにしばらく待機させた。両グループとも1週間に3時間ボルダリングを行い、これを8週間続けてもらった。ほとんどの人が同競技初体験だった。

観察期間には複数回、抑うつの程度を客観的に測る「ベック調査票」やうつ病兆候のチェックリストを使って検査を重ねた。その結果、すぐにスタートのグループではベック調査表で6.27ポイントの向上を記録。一方、待機を求められたグループでは1.4ポイントの向上にとどまった。前者のグループの結果は、「重度レベル」から「軽度レベル」への改善を示すという。

集中力が病気への抵抗力に転換

20年の東京五輪で行われる「スポーツクライミング」は「リード」「スピード」「ボルダリング」の3種目。「リード」は到達高度を競い、「スピード」はタイムを競う。「ボルダリング」が競うのはクリアしたコースの数で、進むコースを選ぶことに集中力が求められる。

アリゾナ大学のステルツァーさんは「ボルダリングは一瞬一瞬に気を配り集中する必要がある。競技をしているときには、自分の生活に起きていることに心を奪われる余地がなくなる。ホールドにつかまり落ちないようにしなければならないから」という。

ステルツァーさんら、ボルダリングは高レベルの集中力が求められ、いわば考えすぎることが問題ともいえるうつ病の人たちにとって、よじ登ることに努めなければならない状況があるからではないかとみている。

これまでにも「運動と精神的な健康の関係性」などの研究で、運動がうつ病の改善に効果があるとする研究結果が出されてきた、いずれも、脳の健康を高める化学物質の増加などがその理由とされていた。ボルダリングとうつ病の関係に着眼し、うつ病レベルでの変化を観察した研究は例がないという。

独エアランゲン?ニュルンベルク大学のロッテンバーガーさんは「参加した患者の人たちはボルダリングの時間を楽しんおり、非常に役に立ったと話していた。うつ病の一つの問題は反すうして考えてしまうこと。ボルダリングはそれをやめさせるうえではよい手段」と述べた。