チ・チャンウク「ドラマ『怪しいパートナー』は入隊前の最後の作品だが、いつもと変わったことはなかった」

写真拡大

俳優チ・チャンウクが入隊の計画を明かした。

31日、京畿道( キョンギド) 一山(イルサン) の炭硯(タンヒョン) セット場でSBS水木ドラマ「怪しいパートナー」 (脚本:クォン・ギヨン、演出:パク・ソンホ) の記者懇談会が開催された。懇談会にはチ・チャンウク、ナム・ジヒョン、チェ・テジュン、HELLOVENUSのナラが出席した。

チ・チャンウクは「『怪しいパートナー』が入隊前の最後の作品だ。おそらく作品が終わったらすぐ入隊するだろうと思う。正確な期日はまだ出ていない」と明かした。

続いて「入隊前の最後の作品だからといっていつもと違ったことはなかった。他の作品に出演した時と同じく準備したと思う。検察庁や裁判所などに行って作品のために学ぶのはそんなに難しいことでも、大きいことでもなかったような気がする」とつけ加えた。