@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)


本日発売された「メルセデス-AMG E63S 4MATIC+」。メルセデス-AMG GTと基本設計をともにする4.0ℓV8直噴ツインターボ・エンジン「M177」を搭載した。そんなモデルの素性を明らかにするために、トピックとなるスペックを紹介していきたい。

まずM177ユニットは、最高出力612ps、最大トルク86.7kg-mを発揮。従来型に比べ排気量を1.5ℓ縮小したにもかかわらず、先代比27psプラス、0-100km/h加速3.4秒(先代比-0.2秒)とセグメントトップの動力性能を実現した。

V8ターボ初 シリンダー休止

V8直噴ターボ・エンジンには初めて気筒休止機能を搭載。「Comfort」モードで走行中、エンジン回転数が1000〜3250回転で低負荷の際に、2番、3番、5番、8番のシリンダーを休止し、燃料消費とCO2排出を抑える機能だ。

磁性流体エンジンマウント

各種センサーの情報からドライビング状況を検知し、マウントの硬さを自動調整するのが当機能。通常走行時は柔らかくし、ドライブトレインからのノイズ・振動を遮断する。ダイナミック・ドライビング時にはマウントを硬くし、ドライブトレインのロールモーションを減少。クイックなコーナリングが可能となっている。

プラス( + ) は、「可変トルク配分」のこと

エンジンパワーを四輪に配分する新しい四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」は大きな話題となっている。前後トルク配分を50:50から0:100の範囲で可変トルク配分するのが、通常の4MATICとの差である。

さらに、駆動配分を0:100の完全後輪駆動にすることで、ドライバーの意のままにリアをコントロールする「ドリフトモード」を新搭載した。
 

63シリーズ初の9速トランスミッション

トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用。素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式9速スポーツトランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。通常のATに見られる損失を低減し、軽量化も相まって燃費とレスポンスの向上に貢献する。

ほかにもダイナミックな走りを楽しめる下記機能を搭載した。
・一速飛ばしのシフトダウン
・自動Wクラッチ
・シフトダウン時の自動ブリッピング
・レーススタート機能

一見パフォーマンス志向のこのモデルだが安全装備も抜かりはなく、「ディストロニックパイロット・ディストロニック」「アクティブブラインドスポットアシスト」「アクティブレーンキーピングアシスト」「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備した。
 

AMGセダン初 ボンネット・レイアウト

メルセデス-AMGのセダンとして初めて、ボンネットをフェンダーとバンパーの内側にはめ込む、クーペ的なデザインを取り入れた。ホイールは、前9.5J×20、後10J×20のセンターロック・ホイールデザインを採用した「マットブラックペイント20インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)」を標準装備。

力強いリアエンドには、トランクリッドに設けられたシャープなボディ同色AMGトランクリッドスポイラーリップやディフューザー風のインサートを備えたリアスカート、AMGパフォーマンスエグゾーストシステムに装着されるデュアルツインクロームエグゾーストエンド、リアスカートにシルバークロームのトリムストリップが飾られている。

インテリアは、鮮明なワイドスクリーンマルチファンクションディスプレイ(2画面式)を標準装備。さらに、モータースポーツを楽しむオーナー向けに、クローズドサーキットでラップタイプを記録できるレースタイマー機能を搭載している。

価格は17,740,000円。