ベントレーは、ベントレーオンデマンドと名付けられたコンシェルジュスタイルの豪華なレンタカーサービスを提供すると発表した。このサービスは、スマートフォンなど携帯端末などを使いどこにいても最高のおもてなしが受けられるというもの。

 

このレンタカーサービスは、現在ベントレーオーナーのみが利用可能。スマートフォンなどに専用アプリ「ベントレーネットワーク」をダウンロード、アカウントを獲得すれば利用が可能となる。

 

 

システムとしては、予約時間の1時間前にメールが配信。指定した場所にコンシェルジュが運転するベントレーが届けられる。その場で車両別に異なる機能説明とデモストレーションが行なわれ、安全に車両を操作できるように丁寧に指導をしてくれる。

 

ベントレーオンデマンドは同社のレンタカーを事前に専用アプリで予約可能なほか、旅行中にベントレーを運転したいオーナーの期待を満たすため多くのベントレーラインナップを用意。例えば、旅先のオープンロードでスポーツモデルの性能を堪能したい方や、家族旅行で広大な大自然のなかSUVモデルで冒険に出かける方など、顧客の要望に合わせて車両を提供。また、指定した場所に燃料を届けるサービスを行ない、慣れない旅先でガソリンスタンドを探す事なく計画通りに旅を進めることもできる。

 

また、返却場所も指定でき、コンシェルジュは顧客の指定した場所まで車両の回収する。

 

ベントレーネットワークの新しいサービスは、ロサンゼルス、ニューヨーク、ダラスより順次開始の予定だ。