画像提供:マイナビニュース

写真拡大

レノボ・ジャパンは5月30日、米国OPSWAT社のソフトウェア「OPSWAT Metadefender」と自社サーバーを組み合わせたセキュリティ・ソリューション製品の販売、情報セキュリティ関連の事業を開始すると発表した。

昨今、情報流通量は加速度的に増加しており、情報資産の保護が重要な課題となっている。現在、既知のマルウェアからの保護対策に加え、未知のマルウェアによるゼロデイ攻撃や、特定の団体、個人を対象とした標的型攻撃からの保護対策も必要となっている。こうした多様な情報リスクの対策として、マルウェアの検知および駆除と同時に無害化ソリューションの導入検討の動きが加速している。

総務省からも、マイナンバー制度の本格始動に伴い、自治体がマイナンバーを利用した情報連携を行う「総合行政ネットワーク(LGWAN)」と通常業務のためのネットワークを分離し、そのシステム間でのメール通信などには、無害化ソリューションの導入が必要というガイダンスが発表されている。また、国際的に社会問題化したサイバー攻撃の被害が拡大し、企業、団体においても、より一層のセキュリティ強化が急務の課題となっている。このようなユーザーの課題を解決するセキュリティ製品である「OPSWAT Metadefender」と、レノボが強みを持つハードウェアと組み合わせたソリューションを提供する。

「OPSWAT Metadefender」は、「複数のウイルスパターンエンジン参照による効率のマルウェア検知」、「未知のマルウェア、標的型攻撃を防ぐ無害化」と「ソフトウェアの脆弱性検知」の機能を併せ持つセキュリティソフトだ。世界で販売されているウイルスパターンエンジン最大30組を合わせて使うことにより、検出率を向上させるとともに、未知のマルウェア検知にかかる時間を短縮することも可能だという。

また、無害化の機能において、例えば画像ファイルにマクロスクリプトが埋め込まれている場合、性悪説にたってファイルを分解、リスクのあるスクリプトだけを駆除しファイルを再構成してネットワークに流すことが可能。さらに、脆弱性検知に関して、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の共有脆弱性識別子(CVE)により250のアプリケーション、15000のバージョンにおける脆弱性を検知するという。

本ソフトウェアは、メールサーバー、プロキシサーバーと連携し、セキュリティ環境を強化するほか、PCやタブレットなどエンドポイントのセキュリティ・ソリューションとしても活用が可能。販売価格は、パターンエンジン、1コアライセンスの1年間サブスクリプション、24時間テクニカル・サポート付きの最小構成価格で税抜き42万円から。