アスラテック、ロボットを介した多言語対応業務をクラウドAIでサポートするシステムを開発

写真拡大 (全2枚)

ソフトバンクグループでロボット・ソフトウエア事業を行うアスラテックとForex Roboticsは技術提携し、コミュニケーションロボットを遠隔操作するオペレーターの多言語での対応業務を、クラウドサービスによりサポートするシステムを共同で開発した。

このシステムは、アスラテックのロボット遠隔操作システム「VRcon」(ブイアールコン)をベースに、クラウド上のAI(人工知能)技術を用いた自然言語処理サービスをForex Roboticsが追加実装したものとなる。

VRconは、コミュニケーションロボットをインターネット経由でオペレーターが遠隔操作できるようにするシステム。VRconにより、コミュニケーションロボットに対して事前にプログラムされた動作では対応できない問い合わせや質問が行われたときでも、遠隔地にいるオペレーターがロボットをリアルタイムに操作して応答することが可能になるとのこと。

VRconと連係するクラウドサービスは、多言語での翻訳機能、音声のテキスト化機能(Speech to Text)・テキストの音声化機能(Text to Speech)、機械学習を用いたFAQの回答機能などを備えています。VRconとこれらの自然言語処理のクラウドサービスを連携させることにより、たとえば以下のようなソリューションを実現できる。

現在アスラテックは、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」(ペッパー)を遠隔操作する「VRcon for Pepper」を、システムインテグレーター、アプリ開発会社各社にライセンス提供している。今回開発したVRconとクラウドAIとを連係させたシステムも、さまざまなシステムインテグレーターやアプリ開発会社とパートナーシップを結び、まずPepper向けのサービスとして展開していくとのことだ。

■VRcon

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・Amazon「Amazonファーマシー」にて第1類医薬品の販売を開始
・マルツエレック、電気通信大学UECアライアンスセンター内に西東京営業所を開設
・「COMPUTEX 2017」の日本語公式サイトオープン
・「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表
・GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略