「チーズ・イン・ザ・トラップ」キム・ジェヨン監督、新ドラマ「四子」に合流…豪華制作陣に“高まる期待”

写真拡大

俳優パク・ヘジンとオ・ジンソクプロデューサー、そしてキム・ジェヨン脚本家が「四子」で集まる。

本日(31日)、ドラマ「四子」(仮題) 制作会社マウンテンムーブメントストーリーは「俳優のパク・ヘジンとオ・ジンソクプロデューサーに続き、キム・ジェヨン脚本家が執筆を担当することになった」と明かした。

新たに合流したキム・ジェヨン脚本家は多数の短編映画を含め「ワンダフルラジオ」(2011)、「ミス・ワイフ」(2015) の脚本、および「消された女」(2016) の脚色、「夜の女王」(2013) に続き、韓中合作映画「だから私はアンチファンと結婚した」(2016) では脚本と演出を手がけるなど、卓越したセンスと演出力で様々な作品で力量を発揮してきた。

特に今、撮影の真っ最中である映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」では監督として、この1年間「チーズ・イン・ザ・トラップ」と「四子」を準備してきたことが伝えられた。何よりも今回のドラマを通して、脚本家に変身するマルチな活動を見せる予定で、パク・ヘジンとも続いて抜群のケミストリーで共演を続けていく計画で、さらに注目を集めている。

これに先立って合流を伝えたオ・ジンソクプロデューサーも「結婚の女神」「モダン・ファーマー」「ヨンパリ〜君に愛を届けたい〜」などの作品を通してすでに実力が認められ、韓国で今月29日から放送が始まったSBS新月火ドラマ「猟奇的な彼女」を演出した監督で、二人のシナジーも期待を集める。

「四子」はロマンスをベースにしており、刑事ヨリン(ヒロインの名前) が愛する人を失った後、事件を中心に展開されるスリル満点の推理ドラマだ。パク・ヘジンが現在出演している「マンツーマン」と事前に企画された作品で、SBS編成を前向きに両社が検討しており、具体的な放送時期は議論している。

監督、脚本家まで最強の軍団を完成した「四子」は7月初旬、主・助演俳優のキャスティングを行い、今年の下半期から本格的な撮影に突入する。