Suran、新曲「1+1=0」の予告映像を公開…DEANがフィーチャリングで参加“慰めソング”

写真拡大

SuranとDEANが心を合わせて集まった。慰めの音楽を作るために。

本日(31日)、Suranの所属事務所は1stミニアルバム「Walkin'」のタイトル曲「1+1=0」の予告映像を公開した。レトロ風のメガネにピンクのスーツを着た女性が、すました表情を見せている。新曲のビートに合わせてリズムに乗る姿で視線を集めている。

Suranのタイトル曲「1+1=0」は、余裕なく生きる現代人をウィットのあるタッチで表現した。「働いてまた働いたら何も残らない」という意味をタイトルに反映した。

この曲について所属事務所の関係者は「現代人を慰める音楽だ」と説明を付け加えた。

「1+1=0」はSuranとDEANの共同作業で、配信チャートで相乗効果を狙うことも出来る。Suranは「今日酔ったら(feat. チャンモ)」でチャートにランクインし、DEANは昨年から配信強者となった状況だ。

Suranは6月2日、1stミニアルバム「Walkin'」を発売した後、6月6日午後4時にソウル城東(ソンドン) 区ソウル森にある野外ステージで「Suranの音楽も拾い、休息も拾う音楽会」を開催する。