FTISLAND、デビュー10周年記念のコメンタリー映像を公開「大変だった記憶が思い浮かぶ」

写真拡大

FTISLANDがデビュー10周年記念コメンタリー映像を公開し、これまでの時間を振り返った。

FTISLANDの所属事務所FNCエンターテインメントは昨日(30日)、FTISLANDの公式SNSを通してデビュー10周年記念コメンタリー映像を公開した。

公開された映像でFTISLANDは一緒に集まり、この10年間の活動を振り返る時間を過ごした。FTISLANDは新人時代の映像を見て笑ったり、感嘆したりと感慨深そうな様子だった。

映像を見たチェ・ジョンフンは「これまで本当に忙しく活動したな、と思う」とし、イ・ホンギは「初々しくてよかった」と過去を思い出した。イ・ジェジンは「一つ一つをより大切に考えながら作っていかないとと思う」ソン・スンヒョンは「写真と映像を見ると面白さもあるが、大変だったことも思い出し、色々な記憶が思い浮かぶ」チェ・ミンファンは「今やっている音楽が、後に“上手くやったことだな”と思えるアルバムになればと思う」とそれぞれの感想を伝えた。

FTISLANDのデビュー日である6月7日に合わせて公開される、10周年記念アルバム「OVER 10 YEARS」は、FTISLANDのこれまでを振り返り、活動から10年を通り越し、これからも続くFTISLANDの未来を盛り込んだアルバムだ。タイトル曲「Wind」は、去っていった女性を懐かしむ一人の男の切ない気持ちを表現した曲で、風のように吹き荒れ、爆発するイ・ホンギの声が印象的だ。

また、FTISLANDは今月28日にデビュー10周年スペシャルデジタルシングル「恋煩い(With キム・ナヨン)」を先行公開し、韓国の配信サイトで上位圏にランクインした。