iKON、新曲「BLING BLING」「B-DAY」がKBSで放送不適格判定に…“違法行為を助長する恐れ”

写真拡大

ボーイズグループiKONの新曲がKBSの審議で放送不適格判定を受けた。

本日(31日)、KBSが発表した審議の結果によると、iKONの「BLING BLING」と「B-DAY」がいずれも不適格判定を受けた。

KBSはその理由について「『BLING BLING』の中の「119に電話をかけて、僕たちは放火犯」という歌詞は違法行為を助長する恐れがあり、卑俗語を使用している」とし「『B-DAY』では『陽気あふれる』という歌詞がわいせつ的であり、『Stupid』という悪口、『蜂蜜吸いにいこう』という下品な表現が使われ、不適格判定を下した」と説明した。

この他にBTOBのイルフンは、ソロ曲「素敵な靴」で特定ブランドの商品を言及したという理由で不適格判定を受けた。