PENTAGON イェンアン、手の負傷により活動休止…日本の「KCON」ではギプスをしてステージ披露

写真拡大

ボーイズグループPENTAGONの中国人メンバーイェンアンが手の負傷により活動を休止すると、所属事務所CUBEエンターテインメントが本日(31日) 伝えた。

CUBEエンターテインメントはイェンアンが「練習中に転倒し、手に負傷を負って急いで近くの病院を訪ね、診療及び治療を受けた」と伝えた。

「診療の結果、手術が必要な状態で、現在は成功裏に手術を終えた」とし、「手術後、ファンの皆さんに会おうというイェンアンの意志が強く、20日に日本で開かれた『KCON 2017 JAPAN』にはギプスをした状態で参加した」と説明した。

だが、医者の勧告に従ってイェンアンはPENTAGONのアルバムの活動の代わりに治療に専念する予定だ。

【公式コメント全文】

こんにちは。CUBEエンターテインメントです。

PENTAGONのメンバーイェンアンが右手の負傷により、暫く活動を休止することをお伝えします。

PENTAGONを愛してくださるファンの皆様にイェンアンの負傷のニュースをお伝えすることになり、所属事務所としても非常に残念で、申し訳ない気持ちです。

イェンアンは練習中に転倒し、手に負傷を負って急いで近くの病院を訪ね、診療及び治療を受けました。

病院側の診療の結果、手術が必要な状態で、現在は成功裏に手術を終えました。手術後、ファンの皆さんに会おうというイェンアンの意志が強く、20日に日本で開かれた「KCON 2017 JAPAN」にはギプスをした状態で参加しました。

なるべく手を使わないようにという病院側の勧告と、何よりイェンアンの完璧な回復を最優先すべきだという弊社の判断により、PENTAGONの3rdミニアルバム「CEREMONY」の活動期間中、イェンアンはアルバムの活動の代わりに治療に専念することにしました。

イェンアンを愛してくださるファンの皆様に改めて申し訳ない気持ちを表し、完璧に回復してから明るい姿でファンの皆様に会うことを約束いたします。

またイェンアンの負傷が治るまで、PENTAGONは当分9人体制としてコンサートや放送活動に乗り出すことをお知らせします。

ありがとうございます。