ソウル・竜山区の梨泰院(区提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】観光客や外国人居住者が多いソウル・梨泰院で、来月から路上駐車場がすべて閉鎖され、9月までに歩道が拡張される。

 竜山区は31日、交通渋滞の主因とされる路上駐車場を6月1日から37台分すべてなくし、9月まで歩道の拡張工事を進めると発表した。梨泰院市場から梨泰院駅4番出口までの310メートルは南側の歩道を0.8〜1.3メートル拡張し、一部区間は車道の幅を広げる。アスファルト舗装、タクシー・バス乗り場と街灯の移設、街路樹の移植なども行う。
 区は昨年4月に付近に250台収容の公営駐車場を設置しており、これと区庁の地下駐車場、周辺の民間駐車場などの利用を促す。違法駐停車の取り締まりも強化する計画だ。
mgk1202@yna.co.kr