上戸彩

写真拡大

映画『昼顔』の女性限定特別試写会が5月30日にスペースFS汐留で行われ、上戸彩、斎藤工、吉瀬美智子が登壇した。

『昼顔』女性限定特別試写会、その他の写真

本作は2014年夏に放送され、平日の昼間に夫以外の男性と恋に落ちる主婦を指す造語「平日昼顔妻」をテーマにした不倫ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』のその後を描く劇場版。ドラマでは別々の人生を歩むこととなった笹本紗和(上戸)と北野裕一郎(斎藤)が、再会したことから始まる禁断の愛の行方を描く。

イベントは映画にちなんで午後3時から行われ、上映後に上戸と斎藤が登壇。歓声を受ける中、上戸は映画について「(斎藤)工君と見ましたけど、始まる前はいつも通りおちゃらけた話をしていたのに、見終わった後は2人無言で、しばらく立てなかったです」と映画の深い余韻に浸った心境を吐露。

相手役をつとめた斎藤も「この作品は贖罪がテーマになっていると思うので、それなりの締めくくりをしたのではと思っています。テレビではもしかしたらできないものなんじゃないかなと思うので、劇場版に向けてドラマや(劇場版までの)空いた時間があったのではと思っています」と推察した。

本作はイタリアで開催された「第19回 ウディネ・ファーイースト映画祭」でも上映され、現地では不貞にまつわる文化やルールの違いに驚いたという2人。中でも笹本と北野が北野の妻・乃里子を交えた当事者3人で会うシーンについては、上戸は「イタリアだとそういう時は乃里子本人ではなくお母さんが出てくるみたいで、『本人自らが行っちゃってるよ、ハハハ』みたいな笑いが起こっていて、リアクションが違って新鮮でした」と現地の様子を振り返った。

さらに、サプライズゲストとしてドラマで滝川利佳子を演じた吉瀬も登場。再会を喜び、上戸とハグをしつつ、MCの質問で斎藤の魅力を語り合う一幕も。これに上戸が「さらっとさわやか変態です」とイタズラっぽい笑みで即答すると、吉瀬も「さわやか変態」と表現。斎藤は「ありがとうございます。いいですね、両極なものが合わさった新しいジャンルを切り開いていきたいと思います」と余裕を見せていた。

『昼顔』は6月10日より全国公開となる。
(text&photo:中村好伸)