「いい出会いがない」と自覚しているけど、とくに自分から動いていない……そんな出会い待ち女になっていませんか? アラサーになると「待つだけじゃ出会えない」と実感している女性も多いはずです。男性から見ても「アラサー女性は声をかけにくい」のが現実……待っているだけでは出会えない、なら出会いを呼びこむ習慣を意識してみましょう!

待っていてもムダ? 出会いを呼び込む3つの方法

1. アドレス帳を見直してみる

ずっと連絡してないけど、LINEなどに登録されている男性。中には「えっと、誰だっけ?」みたいなこともありますが……。「もう連絡しないし、消去」の前に思い切って「元気?」とひとこと声をかけてみる。そんな習慣から「今度会おうよ」と再会して、彼の友だちといい感じになった、など「再会からの出会い呼び込み」につながることも!

・ 「LINEによくわからないけど連絡先交換した男性のリストがあって、消す前に『元気ですか?』と連絡したら、後日また数人で飲みに行くことになり。そこからのつながりで出会いが広がりました」(30歳・通信会社勤務)

・ 「数年間連絡していないけどLINEの友だちリストに入っている男性に『お久しぶりです』と連絡してみたら、会おうよと誘われて、そこからいい感じになって付き合うことになりました。以前は『ない』って思ったけど、久しぶりに会ってみたら彼のよいところがわかって、好意を持ちました」(29歳・アパレル勤務)

▽ 以前飲み会などで知り合った男性。昔の知り合い、ないな、と思っても数年後に会ってみたら「いい感じ」になることも!?

2. 人間関係を広げる

せっかく知り合ったけれど「この人はないな〜」と連絡先もきかずにバイバイ。そんな経験はありませんか? 出会い上手な女性たちは「とりあえず連絡先は交換、その男性の知り合いにいい人がいるかも」と関係を広げることも視野にいれているそうです。ないな、の男性の先に運命の彼が待っているかもしれません! せっかく知り合えたのだから、時間をムダにせずに連絡先はきいておくといいかもしれません。

・ 「飲み会で知り合って『この人はないな』と思っても連絡先はきいておきます。また別な飲み会を開いたりして、その先に彼氏候補がいるかもしれないので」(28歳・会社員)

・ 「ないな〜と思っても、せっかく知り合えたんだから『なにかの縁』で連絡先をきいたり、関係をつなぐようにしています。後日『紹介したいヤツがいる』と連れてきてくれた男性が今の夫です」(33歳・メーカー勤務)

▽ 連絡先はぜったいきいて、関係を広げることが大切! その先にあなたにぴったりな男性が待っているかも……。

3. 誘いに積極的になってみる

「今度飲み会来ない?」と誘われても「なんか面倒くさいし」「どうせいい男いないでしょ」と断ってしまう。アラサー女性なら一度くらいあるはずです。そんな習慣が出会いを遠ざけてしまうこともあります。誘いにはのってみる、ことから出会いが広がることも! その場にはいい人がいなくても、参加することで「運命の彼」に出会う可能性は高くなります。

・ 「どうせ行ってもいいことないし、と誘いを断ってばかりだと出会いがゼロ。誘いにはのってみて、とりあえず人脈を広げることも大事です」(29歳・ネイリスト)

・ 「予定が合えば参加してみるべき! 集まりを楽しむという姿勢が大事だし、そのときはいい人がいなくても、いつかその先に『この人だ!』って男性がいるかもしれません」(32歳・インテリア関連)

▽ どうせいい男来ない、とお誘いを断り続けたら出会うはずの彼にもなかなか会えない!?

まとめ

アラサーになると「出会いがない」となげく機会が増えがちですよね。気軽に声をかけたりしにくい大人女子は、自分からも動かなくちゃダメなんですね……。SNSなら気軽に声をかけやすいから「久しぶり、元気?」と連絡して、その先の出会いを広げてみてはいかがでしょうか?