『5月31日はなんの日?』60年代全米チャートを席巻した、ピーター・ポール&マリーのピーター・ヤーロウの誕生日

写真拡大

 5月31日は60年代に人気を博したアメリカのフォーク・グループ、ピーター・ポール&マリーのメンバー、ピーター・ヤーロウの79歳の誕生日。

 ピーター・ヤーロウは1938年5月31日、アメリカ・ニューヨーク生まれ。大学卒業後に歌手の道へと進み、かのグリニッジ・ヴィレッジでノエル・ポール・ストゥーキーとマリー・トラヴァースに出会い、ピーター・ポール&マリーを結成。1962年に「レモン・トゥリー」でレコードデビューを果たし、同年リリースのデビュー・アルバム『ピーター・ポール&マリー』は全米ビルボードNo.1を記録。同作は3年にわたりチャートインを果たすロングヒットとなった。

 その後「パフ」(1963年)やボブ・ディランの「風に吹かれて」(1963年)を歌い大ヒットを記録。ベトナム反戦や社会問題を強く訴えたフォーク・ソングの数々が世界中で人気を博し、ディランの世界的人気に火がつくきっかけも作った。そのほか、ジョン・デンバーが作詞作曲を手がけた「悲しみのジェット・プレーン」(1969年)が全米ビルボードNo.1を記録するなど、60年代の全米ビルボードチャートを席巻したピーター・ポール&マリー。1970年に一度解散を迎えたが、1978年に再結成、3人のメンバーのうち唯一の女性であるマリー・トラヴァースの体調が悪化する2000年代までコンサート活動を続けていた。なお、白血病を患っていたトラヴァースは2009年に合併症によりこの世を去っている。

 ソロ・アーティストとしてのヤーロウは、近年、ダライ・ラマ14世が虐待やいじめを受けている世界の子供たちに向けて書いた詞に曲を付けて発表したことでも話題となった。