結婚と株式投資は似ている?

写真拡大

結婚とは人生において大きな決断であることは確かでしょう。それは同時にリスクともなることがあります。結婚を株式投資と同じと延べるのが藤沢数希による『損する結婚 儲かる離婚』(新潮新書)です。

結婚はサバイバル?

著者は結婚は、ゼロサムゲームであると述べます。これはお互いに食うか食われるかという、マネーゲームと内容を同じくするものです。結婚をするのにもお金がかかりますし、離婚をするのにもお金がかかります。子どもがいた場合は離婚後にも扶養義務が生じますし、慰謝料もあるでしょう。

結婚と離婚のお金の話

結婚を株式投資に例えるなんて不謹慎なと思うかもしれませんが、結婚や離婚にはお金がかかるものなのです。いま、生涯未婚率が上昇している背景には、下流社会が進行しているものが関係していることを考えればよくわかるでしょう。本書では、きれいごとぬきの結婚論であるともいえます。好きな人と恋愛をして結婚ができればそれでいい、そうした時代ではもはやないのです。

世界の方向性も

さらに本書の読みどころは日本だけでなく、海外の結婚観の変遷についても目を配っているところでしょう。結婚と離婚の今がわかる本です。