『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』10月公開決定 新キャラ披露のポスターも

写真拡大

 『猿の惑星』シリーズ最新作『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公開月が10月に決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

参考:暴力、セックス、ドラッグ……過激なギャグアニメ『アニマルズ』のカタルシス

 本作は、高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、猿と人類の戦争を描いた『猿の惑星』シリーズ第3作。『聖戦記(グレート・ウォー)』と命名された本作では、カリスマ的な主人公シーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤する様子が描かれる。

 このたび公開されたポスタービジュアルには、決意の表情をしたシーザーの背後に、本作で新たに登場する謎めいた少女・ノバの姿が写され、中央には“そして、猿の惑星になる。”というキャッチコピーが添えられている。

 シリーズを通してシーザーを演じ続けるアンディ・サーキスは、「このシリーズの素晴らしい点は、人間と猿のストーリーを適切なバランスで見せていることだ。シーザーは明らかに多くの意味で両方の世界に関係している」とコメント。前作に引き続きメガホンをとったマット・リーヴス監督は、「本作のスケールは、シリーズのどの映画よりも大きいが、一方で中心となる核はそのまま維持している。つまり、シーザーと猿たちに関係する感動のストーリーということだ」とストーリーの一部を明かした。(リアルサウンド編集部)