マーベル「デアデビル」に“パニッシャー”登場

写真拡大

数々の世界的大ヒット映画を製作するマーベルが贈る、待望のドラマシリーズの最新作「マーベル/デアデビル シーズン2」。そのブルーレイ COMPLETE BOX(12,000円/税別)と、DVD Part1、Part2(各4,700円/税別)が6月2日に発売(※同日より全話一挙デジタル配信)となるが、このたび、予告編映像が解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=2cZoqHIdmEw)。

同作の舞台は、「アベンジャーズ」1作目の闘いで大きな被害を受け、その混乱に乗じて治安が悪化するばかりのニューヨーク・ヘルズ・キッチン。どこからともなく覆面ヒーローのデアデビルが現れ、次々と悪党を倒していくが、その正体は、昼は正義感溢れる盲目の新米弁護士、夜はクライムファイター・デアデビルとして、荒廃した街を良くするために戦うマット・マードックだ。

シーズン1でヘルズ・キッチンを影で支配していたフィスクを倒し、街に秩序を取り戻したマットだが、フィスク不在の街ではマフィアたちが再び陰謀を企て始める。シーズン2では犯罪者を容赦なく殺戮する非情の私刑執行人“パニッシャー”が現れ、マットは再び強大な敵に立ち向かっていく――。

解禁された予告編映像では、悪を悪で制する“パニッシャー”が登場。演じるのは、ドラマ「ウォーキング・デッド」のシェーン・ウォルシュ役で人気を博したジョン・バーンサルだ。新たなライバルは敵か、それとも味方か――。シーズン1のダークな世界観やシリアスなストーリー展開、深いキャラクター描写はそのままに、シーズン2では迫力が増したハデなバイオレンス・アクションや、「マーベル/ジェシカ・ジョーンズ」とのクロスオーバー、さらに新たなキャラクターの参戦など、全てのスケールがパワーアップしている。

また、アクションのみならず、ドラマならではの深い人間ドラマやリアルな世界観も大切にし、さらには「アベンジャーズ」シリーズと物語の設定や背景を共有することによって見応えたっぷり。さらに、マットのかつての恋人で高貴で冷酷な暗殺者の“エレクトラ”も現れ、物語は更なる広がりを見せる。