image: Gizmodo US


かつての最強MacBook。

今でこそMacBookのラインナップは12〜15インチと常識的なサイズですが、2011年モデルまではその上に位置する「MacBook Pro 17インチモデル」が存在していました。…いたのですが、とうとうその最終モデルの修理や部品サポートが6月30日に終了します。

Apple Insiderや9to5Macによれば、今回オブソリートリストに入るのは2011年製造のMacBook Air 11インチモデルと13インチモデル、MacBook Pro 13インチモデルと15インチモデル、17インチモデル。またカリフォルニアやトルコなどの一部地域では、ビンテージ品という取り扱いになります。

それにしても懐かしいですね、MacBook Proの17インチモデル。かつて2000年代に販売されていたPowerBookの時代から、17インチモデルは真のMac野郎の証でもありました。オーナーたちは17インチモデルが収納可能なPCバッグを探し回ったものです(多くのバッグの収納容量は15インチまで)。

その巨大なディスプレイサイズには「これさえあれば、どこでもオフィスになる」という安心感があったのです。搭載されたキーボードやトラックパッドが小さく見えるほどの大きな筐体は、現代の洗練されたMacBook Proにはない魅力を醸し出していました。

ここ数年「MacBook Pro 17インチが復活する」という噂はほとんど聞きません。きっと持ち運び時はスリムなサイズ、オフィスや自宅では大画面ディスプレイに接続するという使い方が理にかなっているのでしょう。それでも、ほとんど凶器のようなサイズと重さのMacBook Pro 17インチモデルを懐かしく思う人は多そうですね。

・新型MacBook ProにAppleファンが感じる不満まとめ。付録:過去に遡る男のMBPレビュー

image: Gizmodo US
source: Apple Insider, 9to5Mac

(塚本直樹)