朝にスキンケア、UV対策、メイクをばっちりしても、通勤でメイクが落ちてる!なんてことありませんか?

日差しが強くなってきました。UVケアは大丈夫?

 

朝せっかく時間をかけてメイクしても、会社につくまでに崩れてしまったら悲しくなりますね。また、紫外線が気になるのに、メイク直しで日焼け止めって塗り直していいの?なんて、悩みもあるのでは?

そんな悩みをコスメコンシェルジュが解決!この季節に最適なメイク法を2回にわたって伝授いたします。

 【朝のスキンケアでヨレを防ぐ】

肌悩みが多いからとたくさんのスキンケアアイテムを重ね付けしていませんか?きちんとなじませたつもりでも、過度の重ね付け&季節的要因で、上につけるメイク品の滑りを良くしてしまい、崩れを誘発している可能性もあるんです。

手抜き過ぎもいけませんが、  水分(化粧水)と油分(乳液・クリーム)の2品だけでスキンケアは十分!

夏用にスキンケアをさっぱりとしたものにするのも○。

メイク崩れは油分で起きるので、最近メイク崩れがひどくなったな、と感じている方は、スキンケアでつけている油分の量を調整したり、さっぱりしたものに変えることがオススメです。

【塗り方で変わるUV効果】

SPF・PA値が高いほど、紫外線カット効果は高いですが、塗り方次第で効果を十分に発揮させていないこともあるってご存知ですか?

そもそも、SPF・PA値は肌1cm平米に2mgを塗布し、どれだけ紫外線カット効果があるかを測定します。

なので、肌1cm平米に2mg使用しないと、表示のSPF・PA値は発揮されないんです。ローションタイプは1円玉2枚分、クリームタイプでパール粒2つ分。

でも、一般の方にアンケートをおこなったところ、ローションでは約7割、クリームでは約3割程度しか塗られていないとか……。

あれ?少ないかも?と思われた方は量を増やしてほしいのですが、一度に塗るとヨレの原因に。

ポイントは2度塗り。1円玉分を手のひらに取り、指の腹で丁寧に塗り、もう一度繰り返しましょう。

指の腹で丁寧に塗りましょう。

メイクは日焼け止めが肌になじんでから始めましょうね。ベタつきが気になる場合は、塗布後に軽くティッシュオフすると、メイク崩れを防げますよ。

どうしても二度塗りが苦手な方は、日常生活ではSPF20 PA++あれば十分だと言われていますのでSPF50 PA++++など、高SPFアイテムを一度塗りするのもおすすめです。

来週は夏のメイク直し・日焼け止めの塗り直しについて伝授しますね。お楽しみに!



■賢人のまとめ
夏のスキンケアは水分・油分をしっかりとなじませること。日焼け止めを顔に塗るときは、二度塗りがポイントです。ぜひ実践してくださいね。

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/