「理想と現実の狭間で揺れながら。応援したくなるぞ、今季の甲府」

写真拡大 (全3枚)

ヴァンフォーレ甲府が奮闘を見せている。

例年通り降格候補に挙げられながらも、J1第13節を終了して14位。10位のサガン鳥栖とも勝ち点差は4だ。サンフレッチェ広島、大宮アルディージャといった上位を狙えるチームが降格圏に沈んでいることを考えれば、悲観的になる必要はない。

今季も残留が最大の目標となる甲府。今回のコラムでは、しぶとくサバイブする“プロヴィンチアの雄”の戦いぶりにフォーカスを当てていく。

まさに教科書通りの「堅守速攻」

上図が今季の基本システムだ。

最後尾を守るのは岡大生。リベロにキャプテンの山本英臣もしくは畑尾大翔が入り、その両脇を新井涼平(新里亮)とエデル・リマが固める。

ウイングバックは右に松橋優、左に阿部翔平で、両サイドをこなす橋爪勇樹がベンチに控える。3センターハーフはアンカーに兵働昭弘、インサイドハーフに小椋祥平と田中佑昌(オリヴァー・ボザニッチ)。

2トップはウイルソンとドゥドゥのブラジリアンコンビと堀米勇輝、河本明人がポジションを争う。

チームの基本コンセプトは、「堅守速攻」だ。城福浩氏が基礎を築き、佐久間悟氏が継続させた5バックが代名詞。そこに今季から指揮を執る吉田達磨監督が独自のエッセンスを加えている。

上図の通り、今季は5-3-2が基本形だ。昨季までは5-4-1がメインとなっていたが、2トップへとマイナーチェンジをしている。

この変化については後述するが、攻守のコンセプトは変わっていない。ハイプレスではなくコンパクトな守備ブロックを自陣に敷き、奪ったボールはシンプルに相手DFの背後に蹴っていく。リスクを徹底的に排除した堅守速攻はまさに教科書通りである。

鍵を握るのは「熟練の三銃士」

前述の通り、吉田監督はマイナーチェンジを施した。2トップへの布陣変更とそれに伴う中盤の再編だ。

得点力アップを目的とした変革だが、吉田スタイルの鍵を握るのが3センターハーフだ。兵働、小椋、田中という熟練のベテランが違った持ち味を出しており、大変興味をそそられる。

アンカーを務めるのは、正確な左足が自慢の兵働。この背番号15が攻守の中心だ。

昨季は水戸ホーリーホックで攻撃のタクトを振った兵働だが、甲府ではレジスタの位置ですべてを司る。相手DFの背後に落とすロングパス、大胆なサイドチェンジ、前線への鋭い縦パス。シチュエーションによって様々なパスを自在に使い分けていく。

セットプレーのキッカーも任されるその仕事ぶりは、アンドレア・ピルロを彷彿とさせる。レフティーであることを踏まえれば、フランチェスコ・ローディに喩えた方が良いだろうか。

兵働をサポートするのが、豊富な運動量を誇る小椋と田中だ。

前者はボールホルダーへの激しいチェックとボール奪取で相手のアタックを分断していく。第12節の広島戦では、豪快なミドルシュートを叩き込んだように、意外性のある男でもある。

サイドやフォワードもこなす後者はまさにダイナモ。どこで起用されても一定以上のパフォーマンスを保証するサッカーIQの高さが魅力だ。

兵働を含めた3人に共通するのが、経験に裏打ちされたプレーである。局面ごとにどのようなプレーが最適なのか、どうすれば相手が嫌がるのかを熟知している。攻守をつなぐ「熟練の三銃士」がチームを陰ながら支えているのだ。

理想と現実の狭間で揺れながら

13節を終了し、失点数は14。今季も堅守は看板通りの強固さを誇る。その一方で、得点数は10。やはり攻撃が課題である。

カウンター一辺倒の攻撃では、なかなか得点チャンスを生み出すのは難しい。堅守はそのままに、ポゼッションで相手を崩すことができれば鬼に金棒だが、そうは上手く行かない。例えば7節のアルビレックス新潟戦。あえてボールを“持たされた”ことにより、リズムを崩して敗北を喫したのだった。

とはいえ、元来ポゼッションを哲学とする吉田監督の下、昨季よりはボールを握れるようになってきている。だが、指揮官は過去の反省も踏まえ、急激な改革を起こそうとはしていない。あくまでも堅守をベースとし、徐々に攻撃のバリエーションを増やしていく構えだ。

今季が始まる前、甲府が吉田監督を招聘したというニュースを耳にした筆者は、スタイル転換を予想した。従来の堅守速攻ではなく、ポゼッションを軸とした能動的なフットボールへの転換である。しかし蓋を開けてみれば、堅守速攻をベースにしつつ、システム変更によって独自色を打ち出した。残留を第一に考えるのであれば、極めて賢明な判断だと思う。

どのチームにも言えることだが、チームの色を180度変えるということは容易ではない。仮に今季の甲府がポゼッションを前面に押し出していれば、今頃最下位に沈んでいた可能性は高い。中途半端なパス回しからカウンターを食らう画が容易に想像できる。

カウンターを武器にするチームは、カウンターの恐怖が痛いほど分かる。だからこそ、急激なスタイルの転換を避けたに違いない。思えば、ディエゴ・シメオネが率いるアトレティコ・マドリーも徐々にスタイルを変えようと試みている。彼らの場合、コケをボランチで起用するというマイナーチェンジである。

“ボールを握れるようになりたい”という理想と“J1に残留するには堅守を最優先する”という現実。理想と現実の狭間で揺れながらも、徐々にその差を埋めつつある。13節のFC東京戦では、ボールを握って押し込む時間帯が見られた。

地方都市の宿命とも言える限られた予算の中、百戦錬磨のベテランや良質な外国人を補強し、変化を加えながら着実に勝ち点を積み上げていく。地に足のついた“プロヴィンチアの雄”から学ぶ点は多いはずだ。

2017/05/28 written by ロッシ

筆者名:ロッシ

プロフィール: 1992年生まれ。1998年フランスW杯がきっかけでサッカーの虜となる。筆者の性格は堅実で真面目なため、ハビエル・サネッティ、長谷部誠、ダニエレ・ボネーラ、アルバロ・アルベロア、マッティア・カッサーニにシンパシーを感じている。ご意見・ご感想などありましたら、ツイッターアカウントまでお寄せください。

ツイッター: @antelerossi21