31日、南シナ海の南沙諸島で中国が領有権を主張しているミスチーフ礁付近にミサイル駆逐艦を派遣したばかりの米軍がこのほど、来年行われる米軍主催の環太平洋合同軍事演習「リムパック」に中国を招待したことを正式に認めた。写真は中国の病院船「和平方舟」。

写真拡大

2017年5月31日、米華字メディアの多維新聞によると、南シナ海の南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島)で中国が領有権を主張しているミスチーフ礁付近にミサイル駆逐艦を派遣したばかりの米軍がこのほど、来年行われる米軍主催の環太平洋合同軍事演習「リムパック」に中国を招待したことを正式に認めた。

米海軍第3艦隊で報道対応をするライアン・ペリー氏は30日、2年に1度、ハワイ周辺で実施される多国籍訓練について、16年に参加した米国を除く26カ国すべてが招待されると明らかにし、6月にサンディエゴで行われるリムパック2018の開催に向けた最初の会議に中国が参加することになると述べた。

1971年に開始された同演習に中国は98年にオブザーバーを派遣し、2014年から艦艇・部隊が参加している。16年6月30日から8月4日まで行われたリムパック2016に、中国からミサイル駆逐艦「西安艦」、ミサイル護衛艦「衡水艦」、総合補給艦「高郵湖艦」、病院船「和平方舟」、総合潜水艦救難艦「長島船」、艦載ヘリコプター3機、特殊作戦分隊1隊、潜水分隊1隊、総兵員約1200人を派遣した。(翻訳・編集/柳川)