グレッグ・オールマンのマネージャー「彼は終わりが近づきつつあるのを知り穏やかに過ごしていた」

写真拡大

5月27日に亡くなったグレッグ・オールマンのマネージャーMichael Lehmanが、オールマンの最期の日々について語った。彼は、人生が終わりに近づきつつあると承知し、心穏やかに過ごしていたという。

◆グレッグ・オールマン画像

Lehmanは『Variety』にこう話した。「彼は、最後の半年、人生の終わりが近づきつつあると知っており、覚悟を決め、穏やかになった。そうせざるを得ないときは公演を中止したが、10月の終わりにはプレイすることができた。年末まで続けられるよう願ったが、また肺炎と呼吸器疾患の発作が起こった。でもそれで、いいのか悪いのか、家でリラックスすることができた。彼の真の情熱はツアーだったけどね。彼は音楽を聴き、本を読み、子供たちに会っていた。それに、2月にはシャノンと結婚したんだ。家にいて、犬と遊び、彼女と過ごす時間を持つことができた。有難いことに、最後、彼は苦しまなかった。家で安らかに息を引き取った」

オールマンは1年以上前からドン・ウォズをプロデューサーに迎え、ニュー・アルバムを制作しており、長年の友人であるジャクソン・ブラウンと「Song For Adam」という曲でデュエットしているという。

Lehmanは、アルバムについて「本当にクールなカバーとオリジナル・ソングを収録している。それ以上のことは言えないんだ。グレッグは秘密にしておきたがっていたから、僕はその意志を尊重する。彼は、友人やファンを驚かせたがっていた」と話した。

遺作となってしまった『Southern Blood』は9月にリリース予定だという。

Ako Suzuki