お笑い芸人の千原ジュニアが29日放送のTBS系『Momm!!』に出演し、元SMAP中居正広が、発売前から楽曲「世界に一つだけの花」を称賛していたエピソードを明かした。

 この日の放送では「〜歴史に歌あり〜俺の人生チャート」をトークテーマに、千原ジュニアを招いてトークを実施した。

 千原は中居とプライベートでカラオケなどに行く仲であることを紹介し、「何度も一緒に行ったことありますけど、歌ったことないですね」と交流の一端に触れながら、そのなかで、最も印象深かったエピソードを明かした。

 千原は、中居が「今回の新曲、すえーいいんだよ、ウチの」と語り、発売前の楽曲に手ごたえを得ていることを話したという。普段そういうことは「言いはらへんのに」と驚いた様子の千原は続けて、「俺さっき録ってきたんだけど、アレすげー良いんだよ」と中居が何度も豪語していたことを明かした。

 千原によれば、その楽曲こそが「世界に一つだけの花」。同曲は、昨年限りで解散したSMAPの代表的楽曲として知られ、解散騒動のなかで“花摘み”と呼ばれる楽曲購買運動の中心を担った楽曲だ。

 この話にスタジオは驚きと感心の声に包まれたが、中居は「まったく覚えてない…」と自身の発言には記憶がない様子。ただ、千原は中目黒にあるショップに居る時、『世界に一つだけの花』が流れて初めて聞くと、「これのことやったんや。確かにな」と中居の発言に納得したことを語った。

 続けて千原は「あの人にそんな先見の明あんねや」と驚いたことも付け足すと、中居は苦笑いしながら「たまたまだよ、たまたま」と照れを隠していた。