韓国ソウルの鉄道駅で、国政介入疑惑の中心人物である崔順実被告の娘、チョン・ユラ容疑者がデンマークで身柄を拘束されたことを伝えるニュース映像を眺める人(2017年1月3日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領を退陣に追い込んだ国政介入疑惑の中心人物である崔順実(チェ・スンシル、Choi Soon-Sil)被告の一人娘、チョン・ユラ(Chung Yoo-Ra)容疑者(20)が、デンマークから本国への身柄移送中の機内で韓国の検察当局に身柄を拘束された。聯合(Yonhap)ニュースなどが31日報じた。

 チョン容疑者は、欧州滞在中のぜいたくな暮らしや乗馬訓練のための資金を提供されるなど、韓国最大の財閥サムスン(Samsung)による賄賂の受益者だった疑いがもたれている。

 聯合がソウル(Seoul)検察当局の話として伝えたところによると、チョン容疑者は30日にデンマークから送還され、31日午前にアムステルダム(Amsterdam)発・仁川(Incheon)行き大韓航空(Korean Air)機に搭乗した直後に拘束された。

 チョン容疑者はデンマークの警察当局によって今年1月に拘束されていた。韓国当局が尋問のためチョン容疑者の拘束を目指す中、デンマークの裁判所は先週、チョン容疑者が本国送還の決定を不服として起こした控訴を取り下げたと発表していた。
【翻訳編集】AFPBB News