全仏オープンテニス、男子シングルス1回戦。試合に臨むマキシム・アム(2017年5月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】全仏オープンテニス(French Open 2017)の主催者は30日、テレビの生放送中に女性記者に強引にキスを迫ったフランス人選手のマキシム・アム(Maxime Hamou)を「不適切な行為」により大会から追放したと発表した。

 29日の1回戦で敗退した21歳のアムは、試合後のインタビューでスポーツ専門放送局ユーロスポーツ(Eurosport)の記者、マリー・トマ(Maly Thomas)さんの首や肩に手を回し、何度もキスをしようとした。

 ハフィントン・ポスト(Huffington Post)のフランス版に対しトマさんは、「率直に言って不快でした。もし生放送でなければパンチを見舞っていました」とコメントしている。

 世界ランキング287位のアムは放送後、大会主催者から出入り禁止を言い渡されている。

 大会主催者は声明で、「理事会は月曜日(29日)の記者に対する不適切な行動により、マキシム・アムの大会身分証を無効とした」と発表している。

 ユーロスポーツの広報担当者はAFPに対し、アムの振る舞いは「まったくもって不適切」とコメントしている。

「昨夜のマリー・トマとマキシム・アムのインタビュー中に起きた出来事を心から残念に思います。インタビューされた側の行為はまったくもって不適切で、われわれはそういった振る舞いを許すことはできません」

 なお、先週の予選でアムは、試合中に審判に「なんでお前はここにいるんだ?」と怒鳴り、批判を浴びていた。

 アムのトマさんに対する行為は怒りを呼び、ツイッター(Twitter)上では番組でスタジオのゲストから拍手や笑いが起きたことにもその矛先が向けられている。

 フランスの政治家、セシル・デュフロ(Cecile Duflot)氏はツイッターに、「彼は強引にキスをし、彼女は逃げようとしたが、彼は彼女の首をつかんでいた。そしてみんなが笑っていた。うんざりだ」と投稿している。

 また、同国のジャーナリストは、「普通の世界であれば、マキシム・アムは性的暴行で法廷行きだ」と投稿している。
【翻訳編集】AFPBB News