Grace in Ancient Times illustration by Epoch Times

写真拡大

 古代から現代まで、リーダーになる人には必ず敵がいるものです。でも、敵の良いところを認め、その人を重要なポストに推薦できる人というのは、滅多にいないかもしれません。私心を交えず、人材をうまく使いこなしたチー・シーという政治家をご紹介します。

 春秋時代、晋という国でのお話です。チー・シーという大夫(たいふ)は、非常に心が広く、国家のことを常に第一に考え、公明正大な人物としてしられていました。

 ある日、晋の君主がチー・シーに尋ねました。「南陽の地の長官には、誰がふさわしいかね?」

 チー・シーはすかさず答えました。「長官には、シェー・フーが適任でございます」

 「しかし、シェー・フーはそなたの敵ではないか?なぜ、彼を推薦するのだ?」

 「王様は私に、長官のポストにふさわしい人物は誰かとお聞きになりました。誰が私の敵であるかを聞かれたのではございません」とチー・シーは答えました。

 晋の君主はチー・シーの推薦どおりに、シェー・フーを南陽の長官に就かせました。シェー・フーは長官として懸命に働き、人々から慕われ、よくその地を治めました。

山西省に建つチー・シー(Qi Xi)の銅像(ネット写真)

 ある日、晋の君主は、「都を守る将軍には誰がふさわしいか」とチー・シーに尋ねました。するとチー・シーは、自分の息子であるチー・ウーを推薦しました。

 君主は少しためらいながら、「チー・ウーは、そなたの息子ではないか?なぜ自分の息子を将軍に推薦することができるのか」と言いました。

 するとチー・シーは答えました。「王様は、都を守る将軍として、誰が一番ふさわしいのかをお聞きになりました。誰が私の息子なのかを聞かれたのではございません」

 君主はチー・シーの勧めに従い、彼の息子のチー・ウーを将軍に就かせました。チー・ウーはその後、将軍としての力を十分に発揮し、勇敢に都を守りました。

(翻訳編集・郭丹丹)