全長4690×全幅1850×全高1790mmというボディサイズに3列7人乗りのシートを配置した「シボレー・キャプティバ」。2382ccの直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、アクティブオンデマンド式の電子制御4WDによる駆動方式を採用しています。

6月3日から受注を開始する「シボレー・キャプティバ・パーフェクト・ブラック・エディション供廚蓮∈鯒6月に発表されて好評を得たという限定車の第2弾。

新色の「ブラックミートケトル」がペイントされ、特別装備の19インチブラックペインテッドホイールと組み合わせることで、完璧なブラックアウトに仕上げられています。エンジンフードとテールゲートには専用デカールが装着され、ロゴデザインが限定車だけのアクセントになっています。

3列シート7人乗りの車内には「ダークチタニウム」のシートスティッチカラーが採用されていて、前席と2列目左右にはヒーター付レザーシートを装備。

リヤシートにはリヤエンターテイメント装備として大型LEDディスプレイ、DVDマルチプレーヤー、デジタルTVチューナーを搭載。さらに、「Apple CarPlay」「Android Auto」対応の最先端のインフォテイメントシステムも用意されています。

 

「シボレー・キャプティバ・パーフェクト・ブラック・エディション供廚硫然覆4,090,000円です。

(塚田勝弘)

7人乗りのミドルサイズSUV・シボレー キャプティバに、完璧なブラックアウトに仕上げられた限定車が登場(http://clicccar.com/2017/05/31/477595/)