メールやSNSなど、テキストメッセージでのコミュニケーションが増えた現代。自分の意図に反した内容として相手に受け取られてしまい、トラブルになった経験はないだろうか。

電話であれば声のトーンなどで、ある程度は相手の感情を汲み取ることができたが、メールやチャットなどデジタルツールの普及に伴い、伝えられる情報はメッセージの内容だけに限られるようになってきた。

こうしたデジタルツールは付随する発信者の感情を伝達できないため、お互いの勘違いなどからトラブルになることも多い。

しかし、VRを用いたコミュニケーションでは、これが改善できるかもしれない。

この度、ソーシャルゲームやVRファンドなどを展開するコロプラと、その100%子会社である360channelは、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着した状態で視線や顔の動きを追跡し、VR空間内のアバターへ瞬時に反映させる技術を用いた新たなコミュニケーションシステム「FACE」を開発したとして記者発表会を開催した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

コロプラが発表したVRコミュニケーションのためのシステムとは

「FACE」のシステムは複数の民生品や既存技術を組み合わせることで実現している。ハードウェアについては、

・視線追跡……アイトラッキング機能を備えたHMDである「FOVE」
・表情トラッキング……表情を読み取るセンサーであるBinary VRの「development kit」
・アバターへの表情反映……視線や表情データをリアルタイムにアバターへ反映するHoloteh Studiosの「FaceRig」

などを組み合わせ、これにCRIミドルウェアの技術や、360channelの培った同期通信システムによって、リアルタイムに表情が反映されるアバターを用いた複数人での音声通話が可能となった。

複数人のアバターで一緒に写真撮影もできる。現在は3人までだが4人同時接続までは実現できそうとのこと


新卒社員が率いる開発プロジェクト

発表会の冒頭で登壇したコロプラ/360Channelの代表取締役社長・馬場功淳氏によれば、これまでVRの用途としてゲームや360度ビデオを作ったり、投資したりしてきた中で、ゲーム以外の大きな要素としてコミュニケーションに着目していたという。

コロプラ/360Channel代表取締役社長・馬場功淳氏


「100億規模のコロプラVRファンドを設立し、国内外のVR関連企業を対象に投資をおこなっています。世界中の優れたコアな技術を見ていく中で、それぞれを組み合わせればすごいコミュニケーションシステムができるんじゃないかなって思って。投資先のみなさんと力を結集させてシステムを作ってみようよっていうのがこのプロジェクトの始まりでした」(馬場氏)

なお、「FACE」はコロプラ/360Channelの製品としては珍しいコミュニケーションツールであり、研究開発案件。プロジェクトリーダーは、スタート当時で入社半年だった新卒社員・澤木一晃氏だったという。

360Channel FACE プロジェクトマネージャー・澤木 一晃氏


馬場氏に次いで登壇した澤木氏は、本システムを分析ツールやコンテンツへ応用できるのではないか、と可能性について述べた。視線や表情がトラッキングできるので、例えば動画などを見ている視聴者が、その瞬間でどのような感情でいるのかを自動的に取得する。その結果を使ったコンテンツなどが作れるのではないか、というのだ。

そのためにも、本システムを他社にも使ってもらい、発展の可能性を模索していきたいとした。

現実の印象にも影響を与えるアバターの存在感

また、本システムの開発に協力したFOVEの代表取締役・小島由香氏も登壇した。小島氏はFOVEのプロジェクトを立ち上げた当初からVR空間内で目と目を合わせて会話する、という目標を持ってやってきたという。そのため、感情表現こそが視点追跡のキラー要素となると思っていたそうだ。

今回、このFACEによって、アバターを通じた目と目が合う体験を実現できたと語った。

FOVE 代表取締役・小島由香氏


実際に体験した感想を尋ねられた小島氏によれば、今までにない新しい感覚を得られたのに加え、相手に対するポジティブな印象が生み出されたという。

開発中のテストでは、プロジェクトリーダーである澤木氏に美少女アバターで会話してもらったそう。

「本当にちょっとときめいちゃったんですよ。美少女(澤木さん)がはにかんだり、ちょっと目を離したりとかきょろきょろしたりとかしてるとすごくうれしくなっちゃって」(小島氏)

他にもクマのアバターを使っていた初対面のエンジニアに対しては、現実で会った際にはクマっぽい印象を抱いたという。表情を備えたアバターによるコミュニケーションは、現実の印象にも影響を与えるようだ。

表情を伴ったアバターとコミュニケーションを通じて、現実での印象にも影響を与える


コロプラ/360Channelでは、このシステムをすぐに実用化・製品化する予定はないという。しかし、アバターを使った番組制作(澤木氏)や、VR空間内ではブレストなど他者とのセッションが必要となる作業ではこういったシステムがないと捗らないだろう(小島氏)と、本システムへの期待と可能性を示した。

今後はこのシステムを使って協業してくれる企業を求めていくという。

デジタルツールの発展によって失われたコミュニケーション時の表情という要素が、VRによって取り戻される日も近いのかもしれない。

筆者:Fumiaki Ogawa