【詳細】他の写真はこちら

履歴を残さずブラウザが使える「InPrivate」機能がより簡単に!



共用PCや人から借りたPCでブラウザを利用する場合、「InPrivate」機能を活用することで履歴やクッキーなどを残すことなく使えるのは、以前この連載でご紹介しました。そのときは一度ブラウザを開いてからでなければInPrivate機能を利用できなかったのですが、Windows 10 Creators Update以降は、タスクバーにピン留めしたアイコンを右クリックすることで、より簡単に利用できるようになりました。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 

この方法のメリットは、ホーム画面を表示しなくていいところ。重たいサイトが設定してあったりすると、その表示だけでも手間取ることがありますし、個人的な趣味のサイトなどが一旦でも表示されると、少し気まずいですよね。

プライベートを守りつつ、安全にブラウザが使える方法として覚えておきましょう。



▲タスクバーにピン留めしてあるMicrosoft Edgeのアイコンを右クリックし、「新しいInPrivateウィンドウ」を選ぶと、最初からInPrivateでブラウザを起動することができます。



▲ホーム画面が表示されないため、素早く使い始められるのがメリット。もちろん、個人的なホームを見られる心配もありません。



▲なお、Microsoft Edgeだけでなく、Internet Explorerでも右クリックでInPrivateを利用可能になっています。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?