ホームでの逆転突破を信じるMF遠藤航「必ず突破を決めるという自信をもってプレーしたい」《ACL2017》

写真拡大

▽浦和レッズは30日、翌31日に埼玉スタジアム2002で行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017ラウンド16・2ndレグの済州ユナイテッド(韓国)戦に向け、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督と、MF遠藤航が前日会見に出席した。クラブの公式サイトが伝えている。

◆MF遠藤航

「済州は統率されたチームで一体感があります。カウンターの精度も非常に高いチームだとアウェイで戦って感じました。実際にその形で2点やられてしまい悔しい思いをしました。ただ、自分たちも浦和のサッカーである攻撃的な部分を何度も見せてチャンスを作っていました。次はホームでできますし、サポーターの声援を背に、しっかり浦和のサッカーを見せて、最低でも2点、さらに3点、4点を取っていけるようなサッカーをしたいと思います。ホームでは絶対的な強さを見せなければいけないと思うので、明日の試合では必ず突破を決めるという自信をもってプレーしたいと思います」

▽アウェイでの1stレグを0-2で落とした浦和は、ラウンド16突破のために最低でも2ndレグで3点差以上の勝利が必要となる。