ドリブルで突破を図る久保建英/(C)六川則夫

写真拡大

韓国で開催されているサッカーのU-20ワールドカップは、5月30日(火)に決勝トーナメント1回戦を開催。5大会ぶり9回目の出場となっているU-20日本代表は、U-20ベネズエラ代表と対戦した。

【写真を見る】冨安健洋らは粘り強い守備を見せたが、延長後半に決勝点を許した/(C)六川則夫

グループDで3位だった日本は、各グループ3位の成績上位4チームという条件を満たしてベスト16に進出。グループBを首位通過したベネズエラを相手に、28分に堂安律がクロスバー直撃のFKを放つなど、チャンスをつくる。

しかし、ゴールを奪えずに前半を折り返すと、徐々に運動量が低下。ベネズエラに押し込まれるシーンが増える。

スコアレスで90分を終えて延長戦に突入すると、108分についに失点を喫してしまう。CKを与えると、ヤンヘル・エレーラに打点の高いヘディングシュートを叩き込まれた。

終盤に先制を許すと、同点に追いつこうと攻勢をかけるが、ゴールは遠く無得点のまま試合終了となった。

0-1で敗れた日本は、前回出場した2007年大会以来と同じ、ベスト16で姿を消した。【ウォーカープラス編集部/コタニ】