30日、韓国のソウル駅前に新しくオープンした「ソウル路7017」で30代の外国人が飛び降り自殺する事故が発生し、ソウル市の安全対策に対する懸念の声が高まっている。写真はソウル。

写真拡大

2017年5月30日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のソウル駅前に新しくオープンした「ソウル路7017(歩行者専用路として再生された旧ソウル駅高架道路)」で30代の外国人が飛び降り自殺する事故が発生し、ソウル市の安全対策に対する懸念の声が高まっている。

ソウル南大門警察署は30日、カザフスタン出身の32歳の男性がソウル駅前の歩行者専用道路で飛び降り自殺を図り、搬送先の病院で死亡したと明らにした。男性は29日午後11時50分ごろに自殺を図り、頭を負傷して病院に運ばれたが、翌日の午前7時50分に死亡。遺書などは見つかっていない。「ソウル路7017」が20日にオープンしてからわずか9日後のことという。

ソウル市は「ソウル路7017」を新たな観光名所にするため、安全対策と周辺視野の確保の両面を考慮して1.4メートルの透明な壁を設置していたが、事故を防ぐことはできなかった。一部市民からは「市民の安全を最優先させるべきではないか」と懸念する声も出ているという。今回の事故が深夜の時間帯ではなく、車や人通りの多い昼の時間帯に発生していたら、通りすがりの人と衝突するなどの2次被害につながっていた可能性があるためだ。

また、「ソウル路7017」に常駐し、市民の安全を守る警備員の数が少な過ぎる」との指摘も出ている。ソウル市は16人の警備員を雇い、12時間3交代制で運用している。昼は6人、夜は5人で安全を守っているが、「ソウル路7017」にはオープン初日だけで15万1000人、29日までの10日間で80万人以上が訪れた。ソウル市関係者は「今回の事故を受け、警備員の数を増やす案が議論されるとみられる」と明らかにした。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「警察を何人配置しても死のうとする人を止めることはできない」「死ぬのは自由だけど他人に迷惑は掛けないで」「これ以上壁を高くすることはできない。気にしなくていいよ」「飛び降り自殺を恐れていたら高い建物など建てられない」などソウル市を擁護する声が寄せられている。

一方、「人だけではない。誰かが車道にビンや缶を投げ落としたらどうなってしまうのか。今後も問題は続くだろう」「幅が狭いし日よけもないから暑くて死にそうだった。問題は山積みだ」などと指摘する声も。

また、「韓国に働きにきてつらい思いをしていたようだ。申し訳ない」「外国人差別をなくす対策も考えるべき」など自殺した男性を気遣うコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)