北朝鮮の内閣機関紙である民主朝鮮は30日、慰安婦問題に関する日韓合意に対する日本の自民党の主張を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「日本自民党の連中が南朝鮮との性奴隷問題『合意』に対して、再交渉はあり得ない、日本が頭を下げて誤ってはいけないし、『守れ』ということだけを言うべきだ、などとでまかせに言った」と指摘した。

また、「史上、その類例のない残虐非道な日本軍性奴隷犯罪は、日本の国家的、法律的責任認定と被害者に対する謝罪と賠償がなしには絶対に解決されない」と強調した。

さらに、「日本反動層が民心の峻厳な審判を受けた事大・売国奴である朴槿恵を幾ばくかの金でだまして作り上げた不法文書を盾にして日本軍性奴隷犯罪をあくまでも回避しようとする目的はほかにあるのではない」としながら、「血で染まった自分らの侵略史を白紙に戻し、日本軍性奴隷犯罪をはじめ特大型の反人倫犯罪行為をうやむやにして覆い隠すところにある」と主張した。