現地時間6月5日から開催されるWWDC 2017での発表が確実視されるiOS11に、以前より噂のある「ダークモード」を搭載したコンセプトイメージを、YouTubeチャンネルConceptsiPhoneが公開しました。ロック画面のデザインも変更されています。

「ダークモード」搭載のiOS11

画面の背景色を黒系に統一する「ダークモード」については、昨年のiOS10発表前から噂があり、iOS10.3のソースコードで存在が確認されているものの、Appleからの発表はありません。
 
公表されたコンセプトデザインのiOS11には、「ダークモード」が搭載され、Apple Music責任者がiOS11でのリニューアルを予告しているミュージックアプリの背景色が黒になっています。
 

 
先日は、背景色を白と黒に切り替え可能なiOS11のコンセプトイメージをご紹介しましたが、アルバムアートワークが並ぶ画面などは背景が黒の方が見やすいかもしれません。

ロック画面のデザインも刷新

公開されたiOS11のコンセプトデザインでは、ロック画面のデザインが変更され、画面上部に時計と天気予報を並べて表示可能となっています。
 

 
また、通知のウィンドウが文字の読みやすさが損なわれない程度の半透明となっており、画面デザインがにスッキリして見えます。
 

 
ウィジェットも通知と同様に半透明のデザインとなっています。
 

iOS11発表の模様はライブ視聴可能!

iOS11では、Siriがより賢くなるほか、Apple Payでのユーザー間決済が可能となり、iPhone間ならキャリア不問で高音質の通話が無料のFaceTimeオーディオがデフォルトになる、と予測されています。

 
WWDC 2017は、現地時間6月5日から開始され、初日の今日基調講演の模様は、日本時間6月6日の午前2時から、ライブストリーミング配信で視聴可能です。
 
コンセプト動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:YouTube, Behance
(hato)